合格した高校に行きたくない悩みの解決策

悩む

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

無事第一志望高校に合格する事ができました!ありがとうございました。

合格したのに関わらずご相談なのですが、息子が自分の学力と通い易さで決断した高校にも関わらず、学ランが嫌だ!校舎が古い!

と文句言いだし、そんな事を言う息子にガッカリでした。喜びも半減してしまいました。

中学校から行く男友達も誰一人といなくて、女子しかいないので、それについても言ってます。

こういう子供にはどう対処していけば良いのでしょうか?

高校受験だけでなく、中学受験や大学受験においても、入学オリエンテーションなどに参加して「想像と違っていた」ということはよくあります。

そんなとき、お父様お母様はどのようにサポートしていったら良いのでしょうか?行うべきサポートが2つあるので解説します。

今回の流れでサポートをしていけば、この問題はしっかりと乗り越えられると思うので大丈夫です!

一番の原因は、進路選択のミス

進路

通常、進路選択がうまくいっていれば、第一志望に合格できた時点でその子の人生は95%成功していると言えます。

なぜなら、自分で行きたい学校を選んで、そこに通いたいという希望が叶っているからです。自然と入学してからの高校生活も楽しくなります。

今回、合格したと同時にこういう状態になってしまったのは、進路選択が失敗しているからです。

もし今後、お子さんが受験を行っていく場合は、今回の相談者の方のようにならないように、しっかりと進路選択をすることが大事です。

なお、失敗しない進路選択の方法は、毎年4月におこなっている「高校受験やる気UP勉強会」で解説しています。

〇名古屋会場、大阪会場の詳細はこちら

>>道山流高校受験対策勉強会(名古屋、大阪)

※東京会場、福岡会場は満席となりました。現在は、キャンセル待ちを行っています。

>>キャンセル待ちはこちら

進路選択失敗後にできる2つのサポート

親子

進路選択のミスが原因と言ったところで、過去に戻って進路選択をやり直すことはできません。そこで、今からできる2つのサポート法をお伝えします。

ステップ1 次の選択肢を提案しよう

まずやるべきことは、通信制高校への入学や就職、転校といった「次の選択肢の提案」です。そもそも高校は義務教育ではないので、無理に行く必要はありません。

子どもが「行きたくない」と言っているなら、「無理に行かなくていいよ。次の選択肢を考えようか」という姿勢でサポートすることが重要です。

こういった姿勢で子どもに接すると、「お父さんやお母さんは、自分のことを考えてくれてる」と子どもは感じます。すると、子どもはイライラした感情がリセットされます。

その結果、本当に行きたくないのか、感情的に言っているだけなのかを、冷静に考えることができます。

いちばん良くないのは、「無理矢理行かせること」です。中学生の不登校を解決するときと同じで、これだと子どもは反発します。

ステップ2 後は無条件の愛で見守ろう

ステップ1の声掛けをすると、子どもは学校に行かなくなるかもしれません。ただ、どんな状態であっても、親は子どもを無条件の愛で見守ることが大事です。

無条件の愛が子どもに伝わると、「とりあえず1日だけでも行ってみようかな」と気持ちが変わるかもしれません。

入学式に行ってみたら、「案外楽しかった」と感じて次の日も登校するかもしれません。「通信制に行くくらいなら、今の学校でとりあえず頑張ってみよう」という気持ちになるかもしれません。

行きたくないと言っているときに無理に行かせようとすると、今度は「お父さんやお母さんは自分の気持ちを分かってくれない」という理由で学校に行かなくなります。

そうなるくらいなら、まずは無条件の愛で見守ってあげましょう。

本日のまとめ

愛情

受験に合格しても、入学するまでの間に「やっぱり行きたくない」と思う子は多いです。それは、進路選択に失敗していることが原因で起こります。

進路選択に失敗した後でできるサポートは、「次の選択肢を提案すること」「無条件の愛で見守ること」の2つです。子どもの気持ちが一旦リセットされると、再度冷静に考えることができるからです。

なお、もしお子さんに兄弟がいる場合は、同じ失敗をしないようにしましょう。進路選択がしっかりとできれば、子どもは進学と同時に楽しい3年間を送ることができます。

次回ですが、「短期間で中1と中2の内容を復習する方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

【記事を読んでくれたあなたに、道山からお願いがあります】

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!合格した高校に行きたくない悩みの解決策

関連記事

  1. 音楽

    音楽を聴きながら勉強をしても良いのか?

  2. 風邪

    風邪をひいたとき最短で治す方法

  3. 学校

    教師が役立たずの場合の対応法

  4. Wi-Fi

    Wifiやスマホのデータをご褒美にするのはあり?

  5. 心の傷

    子どもが大きな心の傷を負った時のサポート法

  6. オール2

    オール2以下だと高校に行けないのか?

  7. 反抗期

    子どもの反抗期が終わるタイミング

  8. 中学生

    不登校が改善した後に意識すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP