高校受験 ラスト1ヶ月にすべきこと

入試

まもなく高校受験まで、
ラスト1か月という方は、
多いと思います。

 

そこでラスト1か月にやるべき
3つのポイントについて、
解説します。

 

ここを押さえれば、
当日の合格率がさらに上がること
間違いなしです!

ポイント1 過去問を解く

勉強
もしまだ過去問を解いていなければ、
必ず解くようにしてください。
過去問を解く一番の目的は、
問題になれることです。

 

特に私立高校の場合、
問題がかなり特殊です。

 

学校の定期テストでは、
絶対に出ないような出題形式の
問題がたくさん出ます。

 

過去問を解かないで、
テストを受けると、
当日パニックになります。

 

最低3年分は解いて、
問題の出題形式に、
なれるようにしてください。

 

また偏差値が低い私立高校の場合、
過去問と同じ問題がそのまま出る
こともありますので、
そういった意味でも効果的です。

ポイント2 面接対策を確認する

面接
面接対策も、
ラスト1か月でやるべきものです。
なぜなら少し準備をするだけで、
すぐに点数が上がるからです。

 

すぐに上がるにもかかわらず、
全得点の3割くらいが、
面接の得点で決まります。

 

5教科の入試対策は、
50時間必死に勉強して、
ようやく20点くらい上がります。

 

面接は10時間の勉強で、
20点以上上がります。
非常に効率よく、
受験の合格率を上げることができます。

 

なお面接対策については、
こちらの記事でも詳しくまとめています。
>>高校入試の面接対策

ポイント3 体調管理に気を付ける

手洗い
最も大事なことは体調管理です。
この時期はインフルエンザが流行します。

 

高校入試直前に
インフルエンザにかかったら、
合格率がかなり下がります。

 

頭がフラフラの状態で、
テストを受けても、
良い結果が出ないからです。

 

絶対に風邪だけはひかないように、
注意してください。
なお体調管理で大事なことは、

 
  • 野菜をたくさん食べる
  • 7時間以上の睡眠をとる
  • 手洗いうがいをしっかりする
  • 人混みに行くときはマスクをする
 

になります。
参考にしてみてください。

本日のまとめ

高校受験
高校受験ラスト1か月というと、
勉強のことばかり意識してしまいます。
もちろん最後の追い込みをすることは
大事なことです。

 

ただそれは、
優先順位で言うと4位になります。
上記の3つの方が大事です。

 

まずは過去問を解いて、
面接対策をする。
そのあとは風邪をひかないようにする。

 

それでも余裕があれば、
勉強を頑張ると良いです。
ラスト1か月頑張って、
合格率を上げましょうね。

 

明日ですが、
「1年の始めに必ず行うこと!残り2つは?」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 受験勉強

    高校受験系の悩み相談に対して元中学校教師が解答しました!

  2. 塾

    高校受験の塾はいつから入るべき?

  3. 合格確実の低レベル校vs合格が難しい難関校

  4. 考える

    高校受験終了後の過ごし方

  5. 受験

    偏差値が足りない志望校の目指し方

  6. 思い出作り

    高校合格後の勉強方法とは?

  7. 不合格

    高校受験に失敗してしまった時にかける言葉

  8. 考える中学生

    2つの高校で迷ったときの考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP