やる気のない受験生への向き合い方

やる気ない中学生

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中3の息子は夏休み明けから不登校が続いています。スマホゲームをずっとやっていて、昼夜逆転の生活。

勉強は全くしなくなり、受験はやけになっている感じで、何でもめんどくさいと言って会話になりません。しかし、こんな中でも都立に行きたいと言っています。

「受験には合格したいけど、勉強はやりたくない」お子さんがこのような状況だと、つい色々言いたくなってしまいますよね。

そこで本日は、やる気のない受験生へ親がやるべき対応法をお伝えします。大事なことは、勉強をさせることではありません。

ここでの対応を間違えると、高校生活もうまくいかなくなるので注意しましょう。

子どもの現在の心理状態とは?

スマホ

現在の相談者さんのお子さんは、受験を諦めたくないものの、不登校かつ昼夜逆転生活で、行動するためのエネルギーがない状態です。

スマホやゲームは、本当にやりたいわけではなく、やることがないからやっているだけだと考えられます。

こうなってしまった原因は、親の愛情がうまく届いていない(いわゆる愛情バロメータが低い状態)可能性が高いでしょう。

受験は忘れてまずは愛情バロメータUP

愛情

そこで今やるべきことは、受験のことは忘れて、ひたすら愛情バロメータを上げることです。

愛情バロメータを上げない限り、状況は改善しないからです。仮に受かったとしても、高校生活が続かないでしょう。

そこで、一緒にゲームをして楽しい空間を作ったり、子どもの話を否定やアドバイスせずしっかり聞くのがおすすめです。

親の愛情を感じることができるとエネルギーが上がり、少しずつ勉強も頑張れるようになるはずです。

エネルギーが出てきたあとの改善法

家庭教師

エネルギーが出てきた後にすべきことは、生活リズムの改善です。これが直らないと、高校は続かないからです。

いきなり元に戻すのは難しいため、少しずつ直していきましょう。今、夜中の3時に寝ているなら、まずは2時にするイメージです。

次に、無勉強でいける進路探しを探しましょう。これが見つかると、受験に対して前向きになれるからです。

最後に、子どもの状態に合わせてできる努力をしましょう。勉強を頑張りたいなら家庭教師をつけたり、

出席日数を増やしたいなら学校の先生と連携をすることが大切です。

本日のまとめ

親子会話

高校には行きたいのに勉強のやる気が出ないという場合、愛情バロメータが下がっている可能性が高いです。

勉強をさせるよりも、ここを改善するよう意識しましょう。一緒にゲームをしたり、楽しい会話をしたりすることが、高校受験を成功させる近道です。

明日ですが、「不登校と昼夜逆転が治った成果報告」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!やる気のない受験生への向き合い方

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. スマホ依存

    スマホ依存の子どもには部活をさせるべきか?

  2. 勉強する

    子どもの勉強をやる気にさせる方法

  3. 欠席

    高校入試と欠席日数の関係

  4. イヤホン

    子どもが食事中にイヤホンをする理由

  5. 高校生

    高校生の子どもにはどこまで関わるべき?

  6. 声を出す

    大きな声を出すのが苦手な子への声掛け法

  7. 輪に入れない

    子どもが友達の輪に入れないときは?

  8. 受験

    受験生のやる気UP法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP