心の強い子に育てる方法

子供

心の強さは、大人になってからの生活にも大きな影響を与える要素です。

肉体や勉強と違って、心を強くするのは、大人になってからでは難しく、子どものころからどんな環境で育ってきたかが大きく影響します。

そこで今回は、心の強い子を育てるための3つの方法を紹介しましょう。心が強くなれば、辛いことがあっても乗り越えられます。

お子さんが将来何かに挫折し、鬱になったりする確率もかなり減るはずです。

良好な親子関係を作る

親子

子どもの心を強くするために、何より欠かせないのは良好な親子関係です。

親子関係が良好だと、子どもは「何かあっても親が守ってくれる」と思うので、いろいろなことに挑戦できるようになります。

すると、この後紹介する心を強くするステップが行えるようになるのです。また心の強さは、これまでの人生で受け取ってきた愛の量でも決まります。

たくさんの愛をもらって、心の器が大きくなっていれば、少し嫌なことがあっても受け止められるようになるからです。

挑戦して失敗する経験をさせる

挫折

人の心が強くなるのは、つらいことを乗り越えた瞬間です。

部活や恋愛、受験など、子どもにもたくさんの失敗を味わう瞬間があります。こうした失敗を味わいながらも、それを乗り越えた時にこそ心が強くなります。

もちろん、自らの意思で失敗する人はいません。成功したいと強く思いながら、それでも失敗する経験が重要です。

そのためには、何度でも挑戦したいと思える環境が重要です。良好な親子関係がもたらす「いろいろなことに挑戦できる」という効果は、ここに効いてきます。

本当に困ったときは親が助ける

親子

心の器が大きくなっていると、ちょっとしたつらい出来事なら自分で乗り越えられます。

ただ、あまりにも大きなつらい出来事は、子ども1人では受け止めきれません。そんな時こそ、親の出番です。

子どもが感じているつらさを共有して、一緒に泣いて、励まして、元気が出るような好きな料理を作る、そんなサポートが子どもの心をより強くします。

一人では挫折してしまうことも、親と一緒に乗り越えられれば、心を強くする糧になるのです。

本日のまとめ

親子

子どもの心を強く育てるためには、親子関係を良好に保つことが重要です。

子どもが親のことを信頼していると、さまざまなことに挑戦できるようになり、大きな失敗も一緒に乗り越えられるようになります。その経験が、心を強く育ててくれるのです。

明後日ですが、「子どもとの適切な距離感とは?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!心の強い子に育てる方法

関連記事

  1. 教育費

    子どもにかける教育費はいくらがベスト?

  2. ワーキングマザー

    子育てvs仕事、どっちを優先すべき?

  3. 親子

    モンテッソーリ教育って何?

  4. 行き渋りや暴言が9割改善した成果報告

  5. メンタル

    子どものメンタル強化法

  6. 親子

    どこまで子どもの要求を聞くべきか?

  7. 空手

    小学生におすすめの習い事

  8. 自律神経失調症

    子どもの自律神経を整える方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP