質の良い空間に子どもを連れて行こう

高級ホテル

あなたは「感性」と言う言葉を
ご存知でしょうか?

何かを見たり聞いたりしたときに、
体全体を使ってその場の雰囲気を
感じ取る力です。

  • 芸術家
  • 歌手
  • デザイナー
などの仕事で活躍している方たちは、
基本的にこの力が優れています。

 

ではどうしたら感性を磨くことが
できるのかと言うと、、、

 

良質なものに触れ合うことで感性が磨かれる

歌手
一番重要なこと
子どもが小さい頃から良質なものや
空間に触れておくということです。

 

例えば美術に関する感性を
豊かにしようと思ったら、

 

世界トップレベルの美術家の作品を見たり、
そういった作品を作っている方の
制作現場を見せてもらったりすることが大事です。

 

例えば音楽の感性を磨こうと思ったら、
プロのオーケストラの演奏を生で聞いたり、
歌手やピアニストなどのライブを、
見に行ったりすることが大事です。

 

要するに、
その分野でトップレベルの作品に
触れることが大事なのです。

 

もしあなたのお子さんが、
芸術家を目指しているなら、
普段からトップレベルの作品に、
触れられる機会を作ってください。

1年に1回は良いホテルや本物の環境に触れる

オーケストラ
もしお子さんが、
芸術家を目指していなかったとしても、

 
  • 質の良い空間
  • 質の良い食べ物
には触れさせると良いです

 

質の良い空間と言うのは何かというと、
例えばホテルです。
ホテルは宿泊すると高いのですが、
トイレを使うくらいであれば無料です。

 

年に1回くらいは、
トップレベルにクオリティが高い
ホテルなどに子どもを連れていくだけでも、
空間に対する感性が磨かれます。


またスタジアムなども良い空間です。
普段お子さんが、
学校のグランドでしか野球をしたことがないなら、

 

年に1回くらいドームやスタジアムに
連れていくと良いです。


その空間に触れることで、
空間に対する感性が磨かれます。

本物の味に触れさせることも大事

そば
質の良い食べ物というのは、
何の料理でも良いのですが、


その分野でトップレベルの味を、
子どもに経験させると良いです。

 

フランス料理や割烹などは高いですが、
例えば「そば」などであれば、
それほどお金をかけなくても、
最高レベルの味のお店があります。

 

こういったお店に
1年に1回だけでも連れていくと、
味覚に関する感性が磨かれます。

 

「感性」と言う力は、
大人になってからよりも、
子どもの頃の方が磨かれやすいと思います。

 

だから年に1,2回だけでもいいので、
最高レベルの空間や味、音、作品などに
子どもに触れさせてみると良いのかなと思います。


明日ですが、
「勉強はマンツーマンで教えるべきか?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. スマホ

    子どものスマホには制限をかけるべき?

  2. 兄弟げんか

    兄弟喧嘩が激しい時に意識すること

  3. ふさぎこむ

    修学旅行に行きたくないと言ったら?

  4. 夢

    子どもの夢を応援するために親がすべき行動

  5. ゲーム

    ゲームがやめられない場合のサポート法

  6. 佐々木先生

    佐々木先生の過保護のすすめDVDがすごい!

  7. 暴言

    暴言を吐く子供への2つの対応策

  8. 好奇心

    子どもの好奇心の光と影

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP