勉強しない中1を変えた子育て成果報告

成果報告

子どもが勉強しない、親のアドバイスを聞いてくれない、と悩んでいませんか?ほとんどの子どもは、勉強が嫌いです。

そのため、勉強をさせることってなかなか難しいでしょう。しかし、ポイントを押さえれば、短期間でやる気を出すことができます。

しっかり親の話を素直に聞いてくれて、自ら勉強するようになるため、定期テストの点数や内申点もUPするはずです。

萩野さんの成果報告

成果報告

もともと荻野さんのお子さんは、自分から勉強することはなく、テレビやYouTubeも見放題の状態でした。さらに親の話を聞いてくれず、頭を悩ませていたそうです。

そんな中、私がオンラインで行っている中1専用の子育てプログラムを実践していただきました。

その結果、子ども自身が親の話を素直に聞くようになり、自らワークを解けるようになったそうです。中1の段階で、勉強の習慣づけができたことは素晴らしいことだと言えます。

今後は勉強の効率を上げていくことで、成績もぐんぐん上がっていくでしょう。

親が行った3つのサポート

カレーライス

では、萩野さんはどのようなサポートをおこなったのでしょうか?主に、3つあります。
  • 仕事が忙しくても、なるべく手料理を作った
  • 夜寝る前に、一緒に映画を見た
  • 子どもが好きなボードゲームを意識的に一緒にするようにした
この3つです。このように、子どもの興味や関心に寄り添うサポートを行いました。その結果、親子関係が良くなり、子どもは親の話を素直に聞いてくれるようになったのです。

さらに、親子関係が良くなるとエネルギーも出てくるので、ワークを頑張れるようにもなりました。

勉強しない子どもを変える方法

愛情

これらの内容を踏まえて、勉強をしない子どもを変える3ステップをお伝えしましょう。

ステップ1は、「愛情バロメータUP」です。親子関係が良くなれば、勉強するエネルギーが上がり、親のアドバイスを聞けるようになるからです。

荻野さんのように、子どもの興味や関心事に寄り添い、子どもが望むことにできる限り応えてあげるようにしましょう。

ステップ2は、「動機づけ」です。一緒に勉強する、ごほうびを作る、進路を決めるなどをして、勉強をする目的をつくりましょう。

ステップ3は、「やる気低下ポイントをなくす」ことです。

できているところをしっかり褒める、わからない問題や勉強の仕方を教えるなどをして、モチベーションを維持していきましょう。

やる気がない子は、たいていこのどこかが欠けています。そこを見つけ、補って行くことで成績も上がって行くはずです。

本日のまとめ

親子

このように、親子関係が悪く全く勉強をしない中1の子であっても、親の向き合い方を変えることで関係が改善し、自ら勉強できるようになります。

そのためには、子どもの興味関心に寄り添い、子どもの望むことをできる限りして、まずは親子関係の改善から始めましょう。

その上で、勉強をするメリットをつくり、モチベーションを維持させていくことが大切です。

なお、これらの流れについて、さらに細かいやり方は以下の講座で解説しています。よかったらこちらも参考にしていただければ幸いです。

>>7日間で成績UP無料講座の詳細はこちら

明日ですが、「ほったらかし育児で子どもは伸びるのか?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!勉強しない中1を変えた子育て成果報告

関連記事

  1. 行き渋りや暴言が9割改善した成果報告

  2. 3年生で内申点が4UPした成果報告

  3. 5教科合計129点UPした成果報告

  4. 野球で全国大会に出場し、特待で志望校に合格した成果報告

  5. 成果報告白石さん

    学年順位が3桁から2桁になった成果報告

  6. 5教科合計106点UPした成果報告

  7. 失敗経験をさせ、5教科合計50点UPした成果報告

  8. 成果報告

    兄弟ともに不登校が改善した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP