朝起きない子どものサポート法

朝起きられない

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

昼夜逆転での相談です。学校に行けないで、遅くまでテレビを見て起きていて、朝起きない場合は、多少無理矢理でも起こした方が良いですか?

不登校や、朝遅刻してしまう子に関する相談は、私の元にも多く寄せられます。そこで本日は、子どもが朝起きないとき、お父様お母様がどのような対応をすれば良いか解説します。

この通りに対応していただければ、お子さんはいずれ朝しっかり起きれるようになります。その結果、不登校や遅刻も改善されるので、ぜひ参考にしてみてください。

許可もなく無理やり起こすのは絶対にダメ

親子

自分に置き換えて考えてみると分かりやすいですが、起きたくもないのに親に無理やり起こされたら、親のことを嫌いになってしまいます。

また、昼夜逆転というのはいろいろな理由がありますが、いちばんの原因は親子関係が良くないことです。

この状態で無理やり起こすとなると、さらに親子関係が悪化して不登校が長引く可能性が高くなります。

起こさなかったら子どもがいつまでも寝ているのでは・・と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。

以下の3ステップを踏んで対応していけば、いずれ起きられるようになります。

ステップ1 前日の夜に「明日の朝起こす?」と聞く

夜

まず、前日の夜に「明日の朝は、起こす?」と聞いてみましょう。その返答によって、対応を変えていきます。

子どもが起こしてほしいと言うのであれば、起こしてあげれば良いです。逆に、嫌がるようなら起こさなくて良いです。

嫌がるというのは「今はまだ学校に行きたくない」という意思表示です。無理やり起こしたところで、昼夜逆転が改善するわけではありません。

同時に、不登校が改善するわけでもありません。であれば、無理やり起こして学校に行かせようとしないほうが良いのです。

ステップ2 朝起きて学校に行こうという気持ちを引き出す

教室

「もし嫌がり続けたら、不登校がいつまでも改善しないのでは?」と心配になるお父様お母様もいると思います。

大事なのは、順序です。無理に起こすのではなく、「朝起きて学校に行こう」という気持ちを引き出すことが大事です。

その気持ちが出てくると、子どもは自然と「明日の朝、起こして」と言ってきます。そういう気持ちが出てくるまで、待ってあげてください。

なお、学校に行こうという気持ちを引き出すには、愛情バロメータを上げることが重要です。これは親子関係を良好にしていくということです。

愛情バロメータを上げる具体的な方法は、私が配信している「思春期の子育て講座」で詳しく解説しています。

>>思春期の子育て講座

ステップ3 学校に行くきっかけを作る

友達

愛情バロメータが上がったら、次にやるべきことは学校へ行くきっかけ作りです。

これもいろいろな方法があるのですが、一つ例としては、学校の先生や友達と交流できる時間を作るという方法があります。

先生や友達との関わりは、学校へ行くきっかけになりやすいからです。週末に友達と遊んだり、放課後に先生に自宅に来てもらうなどして、外部と交流する機会を作りましょう。

また、定期テストなどのイベント時だけ、学校に登校させるという方法も有効です。

本日のまとめ

朝

昼夜逆転により、朝起きられず学校に行けない、または遅刻してしまうという場合、無理やり起こすのは良くないです。

明日の朝起こすかどうかを、前日の夜に子どもに聞いてみましょう。起こしてほしいなら起こしてあげれば良いですが、嫌がるなら起こす必要はありません。

そもそも、昼夜逆転の原因の9割は、親子関係が良くないことです。無理やり起こすと、親子関係がさらに悪化するのでやめましょう。

学校へ行こうという気持ちを引き出せれば、子どもは自然と「明日、学校へ行くから朝起こして」と言ってきます。

そういう気持ちになるまで、待ってあげましょう。最後に、学校へ行くきっかけを作れば、自然と起きられるようになります。

明日ですが、「学校に行きたくない状態から志望校に合格した成果報告」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!朝起きない子どものサポート法

関連記事

  1. 受験

    偏差値が低い学校を志望する子どものサポート法

  2. 親子

    愛情を注いでも子どもが変わらない時は?

  3. 中学生

    子どもがいじめられた時にすべき対応

  4. 中学生時代、道山はなぜゲームをやめたのか?

  5. ダイエット

    中学生のダイエット法とは?

  6. あなたにとって子育てのゴールとは何か?

  7. 海

    夏休みは、家族で何回出かけましたか?

  8. 中学生

    不登校が改善した後に意識すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP