子どもが不登校の原因を言わない場合

子供

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で内容の一部を変更しています。

今、学校に行きたがらず困っています。友だちや部活は問題ないと本人は言ってます。

朝がとにかく機嫌が悪く起きなくてちょっと怒ると『もうイヤだ』って逆ギレされて学校行かないんです。先週は1日しか行きませんでした。その前までは半分は行ってました。

話は私とはします。夜は機嫌もよく学校の事や友達の事も話してくれます。何で学校に行きたくないのかが分からなくて困っています。

夫は子どもは親の従属物と思っているので、子どもは父が嫌いです。どうしたら良いでしょうか?

お子さんが学校に行かないと、将来不安になりますよね。ただ根本的な原因と正しい解決ステップを理解している方って少ないです。

なぜ少ないのかというと、学校で教えてもらえないからです。本当の原因を言ったら、先生が激しくバッシングされますからね。

そこで本日は、私が先生の代わりに根本的な原因と解決ステップをまとめたいと思います。今不登校で悩まれている場合、解決にむけて前進すると思いますよ。

子どもが学校に行かない本当の原因

子供

最初に大事なお話しです。なぜ学校の先生は不登校の本当の原因を言えないのでしょうか?

実は、子どもが不登校になる根本的な原因は学校でたまったストレスを家庭で解消できていないことだからです。

お父様お母様が悪いというわけではないです。なぜならお父様お母様もストレスを解消する方法を知らないからです。

ただ先生が「お子さんが不登校になっている原因は、家庭にありますよ」と言ったら、誰でもイラっとしますよね?

「いやいや、学校にも責任があるのではないでしょうか!?」とクレームを入れたくなりますよね。だから先生たちは言いたくても言えないんです。

今日本中の学校で不登校が増えているのは、こうした背景からです。そこでまずは家庭で、学校でたまったストレスを解消してあげてください。

※詳しくはこちらの記事を参照

>>中学生の不登校の原因をまとめてみました!

 

ストレスが解消した後の改善ステップ

親子会話

学校でたまったストレスを家庭で解消できるようになると、子どもから親に話しかけてくるようになります。今回の相談者の方は、今この段階だと思います。

話は私とはします。夜は機嫌もよく学校の事や友達の事も話してくれます。

と書いてありますからね。ここまでこれば、まずは最初のステップをクリアできたということです。では次にやるべきことは何か?

次にやっていただきたいのは学校に行けない原因を子どもに聞くことです。具体的には以下のステップで話をします。

親:中学校卒業したら高校に行きたい?働きたい?

子:高校に行きたい

親:高校に行くなら学校に行かないといけないよね。今はなんで行けないの?

という感じです。今回の相談者のようにお子さんが「わからない」と言うなら、

親:わからないというのはダメだよ。きちんと自分で考えないと。1日待ってあげるから、自分で考えるんだよ。

と言わないといけないです。これでイライラし始めるなら、まだストレスが解消できていないということなので、そこからやり直さないといけません。

通常、1日ゆっくりと考えさせれば原因がわかります。

それでもわからないという場合は?

愛情

もしこれでもわからないと言ってきたら、親のことを信頼できていないのが原因だと思います。

もう少し詳しくお伝えすると、「本当の理由を言ったら怒られるのではないか?」と思っているから言えないのです。

つまり無条件に子どもを受け止めることができていないのです。この場合、お子さんが落ち着いているときに

「お母さんは例えあなたが学校に行かなくても、元気に生きているだけで幸せだからね」

「どうしても行きたくないなら、無理に学校に行かなくてもいいよ。フリースクールに変わるとか、転校するとか他の方法もあるんだから」

という声掛けをしてあげると良いです。これで子どもは思い切って話そうという気持ちが出てくると思います。

本日のまとめ

家

子どもが学校に行けない原因がわからないという場合、真剣に考える時間を与えていないか、本当の理由を言うと叱られると思っているかのどちらかです。

一度上記のステップでお子さんに接してあげてください。ただし、家庭でストレスが解消できていないと、そもそも理由を言える関係になりません。

この場合、まずはこちらの講座を読んで良好な親子関係づくりや居心地の良い家庭づくりから始めてみてください。

>>思春期の子育てメール講座

明日ですが、「AI時代の教育戦略」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 勉強

    自分自身で勉強に対するやる気を出す方法

  2. リビング

    勉強はリビングか部屋どっちがいい?

  3. 食卓を囲む

    過干渉の親がしがちな3つの声掛けの特徴

  4. 恋

    子どもが塾講師に恋をしたら?

  5. 勉強できなくて良いという子への声掛け法

  6. 仲間はずれ

    中学生向け!友達から仲間外れにされた時対処法

  7. 授業

    授業中友達から話しかけられる時の対処法

  8. サッカー部

    部活マニアな子どもを勉強させる技

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP