心を閉ざす子どもへの関わり方

心を閉ざす子供

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中1、ADHDの息子です。入学直後から五月雨登校、6月の中間テストで痛い経験をして、登校することの大切さに本人なりに気付き夏休みまでは登校していました。

しかし、塾(個別)で担当講師の変更を機に行かなくなりました。部活も休むようになり、理由は教えてくれません。新学期3日目から行けなくなりました。

頑張って行く度に後悔するそうですが、理由は語らず。勉強の意義を納得できずに未来に希望もなく投げやりです。

学校にも部活にも行けず、さらに理由も話してくれないと、どうすればいいのか悩みますよね。

子どもが未来に希望を持てず投げやり状態なのは、親としても辛いでしょう。

そこで本日は、このようになってしまった原因と親ができる具体的な対策法をお伝えしていきます。

この内容ができれば、子どもとの関係が良好になるでしょう。子どもは未来に希望を持てるようになり、子育ての不安もなくなるはずです。

結論!今のままだと危険です

心を閉ざす子供

結論からお伝えすると、今のままだと危険です。

「生きていても意味がない」と投げやりになると、命の危険にもつながる可能性があるからです。

この文章からだとハッキリした原因はわかりませんが、子どもの意思を無視して学校に行かせたりしていませんか?

まだ行けない状態で無理やり説得すると、愛情バロメータが下がります。すると、未来に希望を持てなくなってしまうのです。

また、行きたくない理由を教えてくれないということは、親に言ってもムダだと感じられているのかもしれません。

まずは子どもの気持ちを受け止めよう

フリースクール

では、どうすればいいのでしょうか?第一に、子どもの気持ちを受け止めてあげましょう。

学校が合わない場合は、無理に行かせてはいけません。子どもが望むなら、フリースクールや通級を検討するのもいいでしょう。

また、愛情バロメータを上げるためには、子どもにとって居心地のいい家庭を作ることも大切です。

まずは子どもの気持ちを受け止め、心を満たしてあげましょう。

学校に行けない理由を聞こう

親子

愛情バロメータが上がってくると、子どもは親に気持ちを話せるようになります。ここまできてから、行けない理由を聞きましょう。そして、

「お母さんは、あなたが元気でいてくれたら十分よ(無条件の愛情)」

「ただ、出席日数が減ると高校の選択肢は減ってしまう(現実を伝える)」

「学校の先生に相談すると助けてくれるかもしれないよ(できるサポート)」

など、現実とできることを伝えましょう。良好な親子関係があれば、子どもは自分の未来をしっかり考え、選択できるようになります。

おそらく今は愛情バロメータがまだ低いので、まずはそこから改善していくことが大切です。

本日のまとめ

愛情

子どもが「生きていても意味がない」と投げやり状態になっている場合、子どもの気持ちを受け止めて、居心地のいい家庭をつくりましょう。

子どもの心を満たしてあげることが最優先です。その上で、子どもの意志を尊重しながら、今後のことを話し合うようにしましょう。

明日ですが、「親が変われば、不登校や暴言はなくなる?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!心を閉ざす子どもへの関わり方

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 高校生

    高校の勉強が難しくてついていけない時は?

  2. ダラダラ

    努力できない子供を変える方法

  3. 親子

    子どもに言ってはいけない禁止ワード

  4. スマホ

    ゲームやスマホは子どもに与えるべきか?

  5. 泣く主婦

    子育てのイライラが限界に達したら?

  6. キャッチボール

    思春期の子と一緒にできる遊び5選

  7. 受験

    偏差値が足りない志望校の目指し方

  8. ゲーム

    ゲームがやめられない場合のサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP