国立大学を目指す子のサポート法

大学受験

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

道山先生のお陰で、成果が実りつつあります。高2の息子が国立大学医学部を目指しています。ただ、まだ偏差値が足りません。

学費や家計のことを考え、自宅から通える大学が第1志望だと話してくれました。親として何をどのようにサポートして、本人は何から始めたらいいでしょうか?

今回の相談者さんのお子さんは、医学部合格という目標があります。子育てがうまくいくと、このように子どもは将来の夢や目標を持ってくれます。

子どもの夢や目標は、なんとか叶えてあげたいですよね。しかしお子さんが国立大学や医学部を目指している場合、勉強を頑張らないといけません。

そのとき、お父さまお母さまがやるべきサポート法をお伝えしていきます。きっと合格率が大きく上がるはずです。

子育ての基本的な考え

着替え

高校生の子どもに限らず、子育てには基本の流れがあります。一人でできるまではサポートをする、そして一人でできるようになったら徐々にサポートを減らすことです。

たとえば幼少期の子どもは一人で服を着られません。このときは、お父さんお母さんが着せてあげないといけません。しかし自分でできるようになれば、徐々に一人で着るようになるでしょう。

勉強も同じです。最初は一人で勉強できないので、親や家庭教師などが一緒にやることが必要です。一人で勉強できるようになったら、一緒にやる必要はなくなります。

このとき、最初から手伝わないと、子どもは何もできない状態です。その結果、自立が遅くなります。つまり、最初に手伝って、できるようになったら手を引くから、子どもは自立できるのです。

現在の子どもの状況

サポート

今回の相談者さんのお子さんは、目標が見つかっています。そして一人で勉強ができて、結果もいいそうです(高校のトップレベルの成績とのことです)。

医学部は高い偏差値が必要となるので、今はまだ足りていないとのことですが、実は親がやるべきことは9割完了している状態といえます。

今の時点で良好な親子関係ができており、子どもは夢に向かって努力し、結果を出すこともできているからです。

つまり、ここまできたら、求められたサポートだけするようにしましょう。

国立大学合格させるサポート法

夜食

では、求められたサポートとは具体的にはどのようなことでしょうか。1つ目は、心のケアです。医学部の受験は、難易度も高く大変なこともあるでしょう。

そこで、子どもの話を聞く、励ます、認めるなどをして、心の疲れを取ってあげましょう。夜食やおやつなどを作るのも効果的です。

2つ目は、勉強支援サポートです。相談者さんのお子さんは自立しているので、自分が必要なことが何かわかっていると思います。

おそらく「家庭教師をつけたい」「塾に入りたい」「問題集を購入したい」など、要望があるでしょう。このようなときは費用を捻出したり、代わりに購入してあげることが大切です。

3つ目は、志望校を調べる手伝いです。現時点で志望校を決めていても、変わることもあります。そのときは、条件に合う学校の資料を取り寄せてあげましょう。

志望校が変わることは、大きな問題ではありません。将来なりたい夢が叶えられる学校であれば、どこへ行っても大きな違いはないからです。

本日のまとめ

親子

「国立大学に入りたい」「医学部に入りたい」このように子ども自身が夢を持ち、それに向かって努力ができている場合、親がすべきことは9割完了しています。

子どもが求めてきたときには、心のケアをする、勉強の支援をする、志望校調べの手伝いをする、この3つのサポートを行いましょう。

これらのサポートができれば、自然に夢に向かって努力することができます。その結果、夢を叶えることができるはずです。

明日ですが、「プライドが高い子供の育て方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!国立大学を目指す子のサポート法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. スマホ

    子どものスマホには制限をかけるべき?

  2. やる気でない

    勉強意欲があるのに進まない原因

  3. 親子

    子どもが約束を守らないときは?

  4. まずはオール2を目指そう!

  5. 落ち込む

    気持ちの切り替えができない子のサポート法

  6. 親子会話

    会話が増えると成績が上がる理由

  7. 愛情不足

    愛情不足初期に出る2つのサイン

  8. 反抗期

    子どもの反抗期を終わらせる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP