高校生からの子育てやり直し手順

主婦

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

うちの息子は高校一年生ですが、現在荒れています。高校生の場合、道山先生のお話は活用してはいけないのでしょうか?

あと高校生から子育てをやり直す場合、どのように進めればよいでしょうか?今からでも遅くないですか?

高校生からの子育てやり直しの手順は、とてもシンプルです。そこで今回は、わかりやすくこのステップをお伝えします。

この手順を実践していただければ、お子さんの年齢が何歳であっても、子どもの問題行動は解消されます。

その結果、親子関係が良くなり、お子さんの未来も明るいものになっていくと思うので、参考にしていただければ幸いです。

何歳からでもやり直せるのが子育て

小学生

子育てというと、0歳~18歳くらいの間のことだと思われるかもしれません。しかし、子育ては子どもが生まれてから死ぬまでずっと続いていくものです。

言い方を変えると、何歳からでもやり直せるのが子育てなのです。失敗に気づいたタイミングでやり方を変えれば、十分対処できます。

もし子どもが中学生の時に、やり方を間違えていると気づいたとすれば、タイミングとしてはものすごく早い時期です。この時期に気づけたことは、非常に素晴らしいです。

また、子育てのやり直し方法は、子どもが小学生でも、中学生でも、高校生でも、大学生でも、社会人でも同じです。

基本的なやり直し手順

親子

子育てをやり直していく際、最初にやることは、無条件の愛情を伝えることです。これは、子どもの成長に欠かせない「基本的信頼感」を養うのに必要だからです。

基本的信頼感を元に、子どもはいろんな問題を乗り越える力を身につけます。問題が解決できないときは、基本的信頼感が十分でない可能性が高いのです。

子どもに無条件の愛情を伝えるためには、子どもの要求をできるだけ聞くことです。さらに、干渉しすぎないようにすることも心がけていただきたいと思います。

人間として最低限のこと以外は干渉しないようにして、子どもが喜ぶことをひたすらやってあげましょう。これが、無条件の愛情を伝えるための手順です。

子どもの将来を考えたサポートをしよう

子供の将来

基本的信頼感が養われたら、子どもの将来を見据えたサポートをしていきましょう。中学生なら、高校受験のために勉強のサポートです。

高校生で大学進学を目指している場合も、同じように勉強のサポートが必要になるでしょう。就職を目指しているなら、就職先を一緒に探してあげることが大切です。

社会人なら、社会復帰できるようにサポートしてあげることが必要になってきます。たとえば、引きこもっているなら外に出るきっかけを作ってあげるなどです。

子どもの年齢によって、将来を見据えたサポート内容は変わってくるので、お子さんに合わせたサポートをしていただくことが大事です。

本日のまとめ

愛情

子育ては、何歳からでもやり直しが可能です。まず、無条件の愛情を子どもに伝えましょう。それにより「基本的信頼感」が養われます。

無条件の愛情を伝えるには、子どもの要求をできるだけ聞いて、最低限のこと以外はあまり干渉しないようにすることです。

このあとの手順は、子どもの年齢によって異なります。中学生や高校生なら受験のための勉強のサポート、大学進学を希望していない高校生と社会人なら、社会で活躍できるようサポートしましょう。

現在私が配信している内容は、子どもが何歳であっても応用できるようにしています。お子さんが高校生や社会人であっても活用していただければ幸いです。

明日ですが、「保存版!学年末テストの勉強法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!学年末テストの勉強法

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. イライラする

    ADHDの子にイライラするときは?

  2. スマホ

    子どものゲーム課金の要求が酷いときは?

  3. ゲーム

    ゲーム依存で宿題しない子にかける言葉

  4. スマホ

    子どものSNS利用で注意すること

  5. 勉強する中学生

    子どもが言うことを聞くようになる魔法の言葉

  6. 高校生がアルバイトするのはアリか?

  7. 悩む中学生

    学校の勉強についていけない子の改善ステップ

  8. 元気がない子供

    学校を休むべき子どものサインとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP