お金を盗む子どもに親がすべきこと

お金を盗む

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

うちの子は、兄弟のお年玉を盗みます。最近は弟の友達の財布から200円抜きました。お金だけではなく、弟のおもちゃやお菓子も取ります。

平気な顔して弟たちに話しかけて、無くなったと言われてもすっとぼけています。ひとつも反省しません。嘘ばかりでどういう気持ちなのか理解できません。

もしお子さんが勝手に親や兄弟からお金を盗んでいたら、ショックですよね。どのように対応すればいいか、悩んでいる方は少なくありません。

そこで本日は、子どもがお金を盗むという行為の根本的な原因と改善ステップをお伝えします。

原因が改善すれば、盗む必要がなくなります。親のストレスも減り、子どもの笑顔も増えるはずです。

考えられる2つの原因

イライラ

お金を盗むという行動には、2つの原因が考えられます。

1つ目は、「遊び感覚」です。兄弟のお金を盗んでいる場合、本人は悪気はなく軽い気持ちでやっていることがあります。善悪が付けられていない状況です。

2つ目は、「ストレス発散」です。イライラがたまっていると、発散のはけ口として盗み行為をすることがあります。原因として最も多いのが、このストレスです。

楽しい家庭を作ればストレスはなくなる

親子でゲーム

ストレスが原因でお金を盗んでいた場合、楽しい家庭を作ってストレスをなくすことが大切です。

そのためには、ゲームなどの子どもが好きなことに付き合ってあげましょう。ゲーム=悪と考えるのではなく、一緒に楽しむツールと考えることが大切です。

会話をすることで、ストレスが発散できる子もいます。子どもの求めていることが何かを、チェックしましょう。

家でストレスを解消することができるようになれば、お金を盗んで発散しようと思わなくなります。

盗むところを見つけ厳しく叱る

叱る

楽しい家庭づくりをしても盗みが続く場合、善悪が付けれていません。そこで、実際に盗むところを見つけて叱りましょう。

盗むところを見ていないのに叱ると、子どもは「自分は親から信用されていない」と感じます。そこで、盗む場面を見つけて伝えることが大切です。

このときは怒鳴って恐怖で伝えるのではなく、ダメな理由を冷静に伝えましょう。繰り返す場合は、次に同じことをしたら、どうするかを決めることも大切です。

なお、親子関係が悪いと、子どもは言うことを聞きません。良好な親子関係を日ごろから築いておくことも大切です。

本日のまとめ

親子会話

お金を盗むという行動には、遊び感覚、ストレス発散、この2つの原因が考えられます。中でも多いのは、ストレスによるものです。

子どものイライラや不安な気持ちが発散できるよう、家庭では子どもの好きなことに付き合ってあげましょう。

明日ですが、「子どもの不登校が長期化する一番の原因」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!お金を盗む子どもに親がすべきこと

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 親子

    子供との理想的な距離感について

  2. 学校

    テストは受けられる不登校の解決法

  3. 塾講師

    高校受験の塾選び!3つのコツ

  4. 道山ケイ

    道山はなぜ今の活動をしているのか?

  5. 物を奪う

    子どもが他人から物を奪ってしまう時の考え方

  6. 親子

    子どもが親の言う事聞かない理由

  7. ミス

    問題を読まずに回答して間違える子どものサポート法

  8. 長文読解

    英語の長文読解力を高める方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP