私立中学の勉強についていけないときは?

勉強で悩む

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

この4月から中学2年生になります。中学受験をし、滑り止めの学校に入りました。課題が終わらず、成績は下から10番目ほど。

勉強せずにスマホタブレットを見て過ごし、学校に行けなくなりました。自分が自分でない。努力ができない、助けてと求めてきます。どうすればいいでしょうか?

せっかく頑張って入学したのに、勉強についていけないことってよくあります。こういった状況になると、努力していないのが原因だと思われる方もいます。

しかし、これは違います。もっと大きな原因があります。そこで今回は「私立中学の勉強についていけないときの対処法」をお伝えします。

この状態が続くと、親子ともに疲弊してしまうと思います。不登校や問題行動などにもつながるでしょう。

そうなる前に、今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

悪いのは子どもではない

学校

私立中学の勉強ついていけない場合、悪いのは子どもではありません。子どもと学校のレベルがあっていないことが、原因です。

たとえば私は、偏差値60くらいの高校から教育大学に進学しました。もし私が、偏差値80の開成高校に進学していたら、どうなっていたでしょうか。

おそらく周りの子を見て、劣等感を感じて不登校になっていたと思います。これは、私のレベルと高校のレベルがあっていないからです。

今回のケースも同じです。レベルがあっていない学校に進学すると、どれだけ努力してもついていけないケースもあるということです。

公立高校に転校しよう

スタート

今回の相談者さんの場合、まだ2年生なので方向転換は十分可能です。そこで私が親なら、早めに公立に転校させます。

地元が気まずいなら、他の地区でもいいと思います。祖父母の家から通ってもいいですしね。

もともと私立に入れた学力があるので、公立中学に行けばおそらくトップを取れます。そこから受験すれば、逆転も可能です。

「転校する=負け」ではないので、早めに再スタートを切るといいと思います。

子どもが嫌がるなら?

勉強する

ただし、お子さんの友達関係がいい場合「転校したくない」と言うかもしれません。この場合は、現状とルールを伝えましょう。
  • 今のままだと、いずれ退学になる
  • 1学期学校に行って全教科50点取れればなんとかなる
  • 頑張るなら応援する
ということを伝えます。そのうえで、お子さんがもう少し頑張りたいというなら応援しましょう。

ただ、「どうしても辛ければ、無理しなくていいよ」と、いつでも公立に転校できる状態で頑張らせることがポイントです。

本日のまとめ

中学生

私立中学の勉強についていけない場合、悪いのは子どもではありません。レベルが合っていないことです。

2年生ならまだまだ逆転できるので、早めに公立中学へ転校させましょう。転校したくない場合は、ルールを伝えたうえで頑張らせましょう。

明日ですが、「ゴールデンウイーク明けに注意すること」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!私立中学の勉強についていけないときは?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 愛情

    子どもへの愛情の正体

  2. 勉強

    勉強したのに点が取れない理由TOP3

  3. ゲーム

    やめられないゲームをやめる方法

  4. 五月雨登校

    五月雨登校の改善法

  5. ワキガ

    子どものワキガ!どうする?

  6. 塾講師

    高校受験の塾選び!3つのコツ

  7. キレる子供

    なぜ子どもは逆ギレするのか?

  8. 学費

    大学の学費を払えない場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP