元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

偏差値って何?偏差値の出し方と考え方

偏差値

 ← 道山はいま何位?

偏差値と言う言葉をご存知でしょうか。
A高校 ⇒ 偏差値35
B高校 ⇒ 偏差値50
C高校 ⇒ 偏差値70
と言うような使われ方をするのですが、

実はこれについてきちんと理解している
中学生って意外と少ないです。
中学生どころか、
保護者の方でも少ないと思います。

そこで今日は少し偏差値とはなにか?
偏差値と高校受験の関係についてお話しします。

※細かい数字の出し方があるのですが、
これを説明したところで
何の役にも立たないので、
すごくシンプルに解説しますね。


そもそも偏差値とは何かというと、
「同じテストを受けた人たちの中で、
自分はどれくらいのレベルなのかを
あらわした数字」になります。

例えば100人の生徒が、
同じテストを受けたとします。
このテストの平均点は
60点だとします。

すると60点を取った子と言うのは、
100人の中でちょうど真ん中くらいの
順位になりますよね?
するとこの子の偏差値は、
約50になります。

※細かいところは無視します。
偏差値は50が真ん中だからです。
つまり、

80点を取った子 ⇒ 偏差値60
70点を取った子 ⇒ 偏差値55
60点を取った子 ⇒ 偏差値50
40点を取った子 ⇒ 偏差値45
20点を取った子 ⇒ 偏差値30

みたいな感じです。
正確には他の子が何点取っているかによって、
変わるので上記の数字はあくまでも目安です。

何が言いたいのかと言うと、
偏差値と言うのは、
あなた一人の点数で決まるのではなく、
周りの子との比較で決まる
と言うことです。

では少し冷静に考えてみてください。
よくA高校 ⇒ 偏差値60とか
言われていると思うのですが、
もしその年の受験者の子のレベルが
以上に低かったら、、、
偏差値ってどうなると思いますか?

そうなんです!!
実は偏差値は下がります。
またレベルが高かったら、
偏差値は上がるわけです。

だから結局高校の偏差値と言うのは、
過去の受験データから導き出した、
目安でしかないというわけです。
模試の偏差値も同じですね。

その模試を受けた子のレベルが高ければ、
自分の偏差値は相対的に下がりますし、
模試を受けた子のレベルが低ければ、
自分の偏差値は相対的に上がる
と言うわけです。

かなりシンプルに説明したのですが、
これでも結構難しいですよね。
ですので、
自分の偏差値の数字を見てみて、

50だったら⇒平均くらいだな
50以下だったら⇒平均以下だな
50以上だったら⇒平均以上だな
という感じで考えておけば、
良いと思います。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報