元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子どもの好奇心の光と影

好奇心

nblog1 ← 道山はいま何位?

思春期の子どもと言うのは、
とにかく様々な好奇心を持ちます。
何でもやってみたい!と思うのが、
思春期の子どもの特徴なのです。

この好奇心には、
良いものと悪いものがあります。

良い好奇心の例

飛行機
良い好奇心と言うのは、

 
  • 海外に留学してみたい
  • 新しいスポーツを始めてみたい
  • 料理を学んでみたい
  • EXILEに会ってみたい
 

というような、今まで経験したことがないことで、
今後の人生の視野を広げる可能性があることです。

 

もしお子さんがこういった好奇心を持っている時は、
お金と時間が許す限り付き合ってあげる良いです。
その方が夢が見つかる可能性が広がります。

悪い好奇心の例

たばこ
一方悪い好奇心もあります。

 
  • バイクに乗ってみたい
  • タバコを吸ってみたい
  • お酒を飲んでみたい
  • 夜遊びをしてみたい
 

一言でいうと「法律に触れること」が、悪い好奇心です。
当たり前ですが子どもたちは悪い好奇心も
少しは持ってしまいます。

 

では悪い好奇心を持ったとき、
親としてどのような対応をすればよいのでしょうか?
絶対にダメなのは、それを許可してしまうことです
これをすると子どもは親の事を信頼しなくなります。

悪い好奇心への正しい対処法

涙 悲しみ 泣く
ではどのように対応をしていったらよいのか?
まずやってほしいのが「悲しむような伝え方をする」
ということです。

 
  • タバコを吸うような子になってほしくない
  • そんなあなたを見ているとお母さんは悲しい
という伝え方をすることです。

 

いきなり体で防ごうとする方もいるのですが、
これだと結局ぶつかるだけなので、
まずは悲しむ伝え方をするようにしてください。

 

いつも言っていることですが、
愛情バロメータが上がっている状態であれば、
この伝え方をすれば子どもは納得して、その行動をやめます。
だからこれが一番良い解決法になります。

 

ただ愛情バロメータが低い状態だと、
子どもは親の言うことを聞きません。
ではこの場合はどうしたら良いのかと言うと、
伊藤先生などの専門家の力を借りた方が良いです。

 

バイク、飲酒、タバコ、などのレベルまで、
子どもが非行状態になっている段階だと、
一つ対応を間違えるだけで大きなけがをしてしまいます。
そうなってからでは遅いです。

 

もちろん時にはお父さんが体を張って
子どもを守ってあげることも大事ですが、
緊急な時でない限り、伊藤先生や小井出先生などの専門家に
間に入ってもらうことをお勧めします。

 

あと児童相談所などの公共機関は、
何か大きな問題が起きてからではないと動いてくれません。
これは児童相談所が悪いわけではなく、
小さな問題でも動いていたら人数が足りなくなってしまうからです。

 

問題が起きたときに親の力だけで解決できるよう
普段から愛情バロメータを上げることを心がける。
そしてもし状況が酷くなってしまったら、
必ず専門家の力を借りるというのが良いと思います。

 

●伊藤先生に相談をしたい方はこちら

 

>>伊藤先生への相談フォーム

 

●小井出先生に相談をしたい方はこちら※東海地方限定

 

>>小井出先生への相談フォーム

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報