成績が上がる勉強ルーティン

お子さんですが「勉強効率を上げたい」「何から勉強すればいいかわからない」と悩んでいないでしょうか?そこで今回は、「成績が上がるルーティン」を紹介します。

勉強を始めるとき、この流れで進めてもらえれば、間違いなく勉強効率がアップします。

その結果、定期テストの点数が上がって受験の合格率もアップするでしょう。よかったら、お子さんにも伝えていただければ幸いです。

なお、本日はそのままお子さんにシェアできるよう、子ども向けに記事を書いていきます。

学習環境を整えよう

勉強机

勉強を始める前に、学習環境を整えることから始めましょう。たとえば、机の上を片付けるのです。机の上が散らかっていては、勉強に集中できないからです。

机の上をキレイにして、集中できる環境を作りましょう。次に、スマホの音を切って見えないところに置きます。勉強中にスマホに気を取られると、集中できないからです。

このように、勉強を始める前に「勉強しやすい学習環境」を作ることから始めましょう。

1日のスケジュールを作ろう

時計

勉強する環境を整えることができたら、次は1日の勉強スケジュールを作りましょう。たとえば平日なら、19時から勉強をスタートし、まずは数学のワークを解きます。

20時から社会の語句の暗記に取り掛かり、21時からは英単語の暗記をするという流れを考えるのです。土日なら、朝9時にスタートして、まずは理科のワークを解きます。

10時からは国語と英語の教科書の音読、11時からは理科のワークを解きます。このように、スケジュールを決めてから始めるだけで、1日の勉強効率が大きくアップします。

タイマースタート

タイマー

勉強環境を作って、1日のスケジュールをたてたら、最後はタイマーをセットしましょう。

30分勉強するなら、30分でセットします。この時、スマホのタイマーは使わないようにしてください。気が散るからです。

タイマーをセットしたら、勉強開始です。すると、時間が少しづつなくなっていく焦り(これを、タイムプレッシャーと言います)により、集中力がアップします。

本日のまとめ

勉強

だらっと勉強を始めても、効率が悪いです。勉強するときは「集中力を上げる勉強ルーティン」を最初に行いましょう。

まずは、学習環境を整える。次に、1日のスケジュールを立てる。最後に、タイマーをセットする。これをするだけで、勉強効率が上がるはずです。

明日ですが、「ゲーム依存症2つの治し方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!成績が上がる勉強ルーティン

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  2. 風邪

    元教師が解説!定期テストの見込み点はどう決まるの?

  3. 勉強

    勉強できる子とできない子3つの違い

  4. 公立中学校の内申点の出し方を公開します!

  5. ケアレスミス

    よく寝るだけでケアレスミスが激変?

  6. 道山

    勉強の結果以上に嬉しい報告をいただきました

  7. 合格確実の低レベル校vs合格が難しい難関校

  8. 虫眼鏡

    【元理科教諭が解説】自由研究のおすすめテーマ5選とレポートのまとめ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP