なぜ「勉強しなさい」は禁句なのか?

勉強しなさい

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

息子は中3です。「勉強しなさい」とは言ってはいけないとありました。この時期になっても本人の姿勢が受験と向き合っていない子に、本当に言わない方が良いのでしょうか?

言わなくなったら本当に何もしなくなりそうです。受験直前となっていて気が付いても、遅い気がします。

子どもが勉強しない姿を見て「勉強しなさい!」と言っていないでしょうか?実は、これは一番言ってはいけない言葉です。

そこで今回は、なぜ「勉強しなさい」と言ってはいけないのか。その理由と、やる気を引き出すときに言うべき言葉を紹介します。

今回の内容を押さえていただければ、お父さんお母さんがイライラしたり心配しなくても、子どもが勝手に勉強するようになります。

その結果、今より良好な親子関係になり、子どもの希望の進路に進ませることができるようになるでしょう。

なぜ勉強しなさいは禁句なのか?

勉強しなさい

まずは、想像してみてください。あなたが子どもだった時、親から「勉強しなさい」と言われてやる気になったことはありますか?

私は、一度もありません。なぜなら、人は言われるとやりたくなくなる生き物だからです。

小学校低学年くらいまでは、親が怖いので頑張るかもしれません。しかし、思春期になると逆にやらなくなる子がほとんどでしょう。

つまり、お父さんお母さんが子どもに「勉強しなさい」と言っても、逆効果だということです。

なぜ高校に行くべきか?

高校

そんなこと言われても、子どもが勉強しなくなったら困るのでは?と思われたかもしれません。実は、全く問題ありません。

そもそも、高校は親が頑張って声掛けしていかせるところではありません。子どもが自ら、行きたいと思うから行くところです。

高校は、義務教育ではないですからね。だから親は、「行きたくないなら、無理に行かず働きなさい」という姿勢でいないといけません。

もちろん、怖いお父さんが常に見張っていたら勉強するかもしれません。しかし、それを高校卒業まで続けられるでしょうか。

恐怖心で勉強してギリギリ合格したとしても、いずれ勉強しなくなります。その結果、赤点をとって退学になるのが目に見えています。子どもにとっていいことは何もないのです。

子どもにかける2つの言葉

進路

では、どうしたら親が言わなくても子どもが勉強するようになるのでしょうか。

まずは、心の底から行きたいと思う進路(アクティブ進路)を決めることです。進路が決まっていなかったら、勉強する必要がないからです。

また、どうしても行きたい高校があるけれど、疲れて勉強ができていないなら次のように言ってあげましょう。

「あんまり無理しないようにね」

「何か手伝えることあったら言ってね」

子ども自身も、勉強しないと志望校に合格できないことはわかっています。だから、かけるべき言葉はこの2つで十分です。

本日のまとめ

勉強する

「勉強しなさい」と言われても、人はやる気になりません。言葉で勉強させるのではなく、アクティブ進路を決めて自然と勉強するようにしましょう。

その際、親がかける言葉は「何か手伝えることがあったら言ってね」「あんまり無理しないでね」の2つです。

なお、どれだけ上記の言葉を使っても、
  • 親子関係が悪く、冷静に話し合いができない
  • 子どものやる気を引き出すことができていない
と子どもを勉強させることはできません。この2つ(特に親子関係をよくするところ)については、11月8日にZOOMで行う「思春期子育て勉強会オンライン」で詳しく解説します。

今回は、ZOOMだからこそできる試みもいくつか行うので、よかったら詳細を確認いただければと思います。

>>思春期の子育て勉強会オンラインの詳細はこちら

明日ですが、「完全講義!中学生の定期テスト対策法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 作文

    元教師が解説!人権作文の書き方

  2. 数学

    数学の思考力の鍛え方

  3. スマホを触る子供

    無気力な子どもの改善法

  4. 夢

    夢を取るか偏差値を取るか?

  5. 伊藤先生と道山ケイ

    伊藤幸弘先生との講演会について

  6. 叱る

    やってはいけない叱り方TOP3

  7. 時計

    【多くの子どもが勘違い】目標とする点数を獲得するためには、何時間勉強すればよいの?

  8. 受験勉強

    進路が決まったのに子供が勉強しない悩みの解決策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP