元中学校教師が解説!1分で1語記憶できる英単語の覚え方

英単語

「英単語が苦手でなかなか覚えられない」

「覚えたと思ってもすぐに忘れてしまう」

という悩みを持っていないでしょうか?

実は、お子さんが英単語が苦手な理由は、間違った勉強法で覚えようとしているからです。

そこで、元中学校教師で現在は年間3000組の親子の勉強をサポートしている道山ケイが、誰でも簡単に英単語を覚える方法について解説します。

この方法で、英単語を勉強していけば、1分で1英単語覚えることができます。その結果、英語の勉強も楽しくなり、成績もグングン上がっていきますよ!

英単語は、ノートに書いても覚えられない理由

ノートと鉛筆

私が教師時代、生徒の中に英単語を覚えるのが遅い子がいました。その子たちは、ノートに英単語をひたすら書いていました。

apple、apple、apple、apple・・・という風に10回書いて覚えようとしていたのです。

この方法は、絶対やってはいけない勉強です。

なぜなら「ノートに書く」という方法は、「作業」になってしまうからです。手が疲れているだけで、覚えることはできません。

英単語を覚えるときに最初にやってほしいのは、ノートにひたすら書くことをやめることです。

中学生の多くが、この勉強法をしてしまう理由

漢字ノート

なぜこのような効率の悪い勉強法をしてしまうのでしょうか。これは、小学校の宿題の延長で、勉強してしまっているからです。

小学生は学校の先生から「明日までに5つの漢字を10個ずつ書いてきてください」というように、宿題を出されますよね。

このような経験から、「覚えるときはひたすら書けば覚えられる」と考えてしまう子が多いのです。

しかし、このやり方と効率の良い勉強法は違います。まずは、ノートにひたすら書くことをやめましょう。

単語カードを購入することが、勉強を始める最初のステップ

単語カード

では、どのように英単語を覚えていけば良いのでしょうか。やり方は簡単で、ノートは使わずに単語カードを使います。

100円均一に行くと、単語カードが売っていると思います。単語カードの表面に英単語、裏面に日本語訳を書くようにしてください。

これを覚えたい単語分全部作りましょう。これが、英単語を覚える最初のステップになります。

「面倒くさくてこんなの作ってられない」という場合は、単語カード型の参考書も売っています。

そういった物を使っても良いですし、お父様お母様が代わりに作ってあげても良いです。

覚えるために単語カードは必須なので、まずはこれを買いましょう。

3秒考えてわからなければ答えをチェック戦略

暗記

ノートにひたすら書いて単語を覚えるのは、ただ手が疲れるだけです。しかし、単語カードを使うことで「考えて見る」の繰り返しになります。

一旦頭の中にある英単語の記憶を、引っ張り出そうとする作業を自然に行います。この作業が、英単語を覚える上でものすごく大事なのです。

※長くなるので理由は割愛しますが、記憶のメカニズムが関係しています。

単語カードを使って覚える時、1つポイントがあります。それは単語カードを見て、「3秒考えてもわからなかったら答えを見る」ということです。

頑張って頭の中の記憶を引き出そうとしても、時間の無駄です。わからない時はすぐに答えを見て、記憶を引き出す練習をした方が、早く覚えられます。

さらに学習効率を上げる3つのポイント

ポイント

さらに効率よく英単語を覚えるためには、次の3つのポイントを意識してみてください。

できたカードは輪から外す

単語帳

答えられた英単語のカードは外して、わからなかった英単語だけを覚えていくようにします。

これを繰り返すと1回目よりも2回目、2回目よりも3回目の方が覚える枚数が減っていきます。その結果、勉強効率が上がっていくのです。

一通り覚え終わったらまた全部つけて、最初から覚えていくようにしてください。

反対側も覚える

チェックする

英単語を見ながら日本語訳を答えられるようになったら、日本語訳を見ながら英単語がわかるかチェックしましょう。

片方しかチェックしない子がいますが、これは深い知識になっていかないからです。必ず両方向から、覚えるようにしてください。

発音は気にしない

発音

リスニングのことまで考えたら、アクセントや読み方などの発音をしっかりやった方が良いです。しかし、最初の段階ではそこまで意識しないほうが良いです。

「この読み方で覚えたら単語が覚えやすい」というものが自分なりにあるのなら、それで覚えて良いです。

中学校の英語は、日本語に訳せて、英文を書けたら8割の点数が取れます。最初の段階では発音は気にせず、覚えていきましょう。

この3つのポイントを意識するだけで、さらに勉強効率は上がっていくと思います。

元中学校教師が解説!英語の定期テスト対策

勉強する

今回お伝えした内容を意識して英単語の勉強を行えば、1分で1語のペースで覚えられるようになると思います。

ただ、英単語だけでなく、英語そのものが苦手な子もいます。そういった子は、頑張って勉強しているのになかなか点数が取れないと悩んでいます。

この場合、次のページで解説している「道山流!英語の勉強法」を読んでみてください。

私が教師時代、子どもたちに教えていた方法です。そのまま実践すれば、誰でもすぐに高得点が取れるようになると思います!

>>道山流!英語の勉強法のまとめ解説ページに進む

また、まもなく高校受験という場合は、同時に英語の受験対策も進めていくと良いでしょう。

そこで次のページでは、誰でもすぐに偏差値60以上取れる英語の受験対策法をまとめました。

これから受験を迎える中学2,3年生は必読です。

>>偏差値60以上確実!英語の受験勉強法に進む

有料の勉強会でお話ししている内容が今なら無料


最後になりますが、現在私は、思春期の子どもとそのお父様お母様向けに、短期間で爆発的に成績が上がる方法を解説する勉強会を、全国で開催しています。

ただ、年に数回しか行っていないので、タイミングが合わず参加できない方もいらっしゃいます。

そこで、今回ご紹介したいのが、「7日間で成績UP無料講座」という、現在有料の勉強会でお伝えしている内容を無料で解説する講座です。

こちらの講座では、オール5を取っている子が行っている勉強法、ストレスなしで勉強量が増える計画の立て方、子どもが勝手に勉強を始める声掛け術(親向け)などを解説しています。

料金は一切かかりません!しかも、今なら3980円で販売していたグングン成績が上がる方法マニュアルも受講特典としてお配りしているので、よかったらこちらも参考にして成績をグングン上げていただけると嬉しく思います。

>>道山ケイの成績UP無料講座はこちら

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!英単語の覚え方

関連記事

  1. ジュース

    【元教師が解説】勉強中の集中力がUPする食べ物と飲み物

  2. 保存版!習熟度テストの勉強法

  3. 5教科250点以下から偏差値60の高校に合格した成果報告

  4. 合宿

    塾の勉強合宿には参加すべきか?

  5. 部活

    親に部活を辞めろと言われるときの対処法

  6. 親子勉強

    子どもは親と一緒に勉強しても良いのか?

  7. 志望校の偏差値を下げるのはNG?

  8. ご褒美

    高額なご褒美への対応方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP