今すぐやめよう!成績を下げる親3つの特徴

親子

「子どもの成績を上げたい」という思いは、親であれば誰でも持っていることでしょう。

ただその気持ちが強すぎると、かえって成績を下げてしまうかもしれません。

そこで本日は、子どもの成績を下げてしまう親の行動を3つ紹介します。

つまり、この行動をやめるだけで成績が上がります。今日から実践していただければ幸いです。

第3位 求められていないアドバイス

親子

お子さんから頼まれてもいないのに「もっとこうした方がいいよ」「その方法だと覚えられないよ」とアドバイスしていませんか?

思春期の子どもは、言われるとやりたくなくなります。言いすぎると親子関係が悪くなり、さらに勉強しなくなるでしょう。

効率の悪い勉強をしていても、子どもから相談されるまでは何も言わないようにしましょう。親子関係が良ければ、いずれ親に相談してくるからです。

そのタイミングでアドバイスすれば、子どもは素直に聞いてくれます。大事なのは、伝えるタイミングです。

第2位 何もせずに見守る

ご褒美

親が何もしなければ、95%の子は勉強しません。勉強よりも遊びの方が好きだからです。

つまり、何もせず見守っていても、成績は上がらないのです。そこで、動機付けをしましょう。たとえば、
  • やる気が出るような声かけをする(「手伝えることあったら言ってね」「宿題終わったら一緒にゲームしようか」など)
  • 受験生なら、アクティブ進路(子どもが心の底から行きたいと思える進路)を親子で見つける
  • 1,2年生なら、ごほうびと目標の設定をする(次のテストで〇点とれたらおこづかい500円など)
このように、勉強のやる気が出るサポートをするのです。何があれば頑張れるのか、子どもと話し合ってみましょう。

第1位 恐怖や不安で動機付け

叱る

勉強させる上で、動機付けは必要です。しかし、間違った方法では成績は上がりません。たとえば、
  • 勉強しなかったときに厳しく叱る
  • 「このままだと高校に行けないぞ」と不安をあおる
このように恐怖や不安で動機付けをすると、一時的に勉強をするかもしれません。

しかし、長く続かないでしょう。言い続けると親子関係が悪化し、勉強しなくなります。

恐怖ではなく、「勉強すると得られる素敵な未来」をイメージできるように動機付けをしましょう。

本日のまとめ

100点

子どもの成績を下げてしまう親の行動は、求められていないアドバイスをする、何もせずにただ見守る、恐怖や不安で動機付けをすることです。

つまりこの、求められたときだけアドバイスをし、上手に動機付けをすればお子さんの成績は上がります。

明日ですが、「使うと不登校が長引く危険な3つの言葉」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!今すぐやめよう!成績を下げる親3つの特徴

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強する高校生

    9割とれる!高校生のテスト対策法

  2. 音楽

    音楽聴きながらの勉強はあり?

  3. 合宿

    塾の勉強合宿には参加すべきか?

  4. 罰

    確実に成績が上がる罰ゲーム戦略

  5. 成績が上がる中学生の勉強法

  6. 授業中寝る子供

    道山流!授業中眠くならない方法

  7. 5教科合計90点以上UPして志望校に合格した成果報告

  8. 親子

    親は子どもの勉強に口出ししても良いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP