子どもの反抗期を終わらせる方法

反抗期

無視や暴言など、子どもの反抗がひどいとイライラしますよね。親として、どのように対応すればいいのか悩むことも多いでしょう。

そこで本日は、反抗期のメカニズムと、スムーズに終わらせる方法をお伝えします。

お伝えすることを実践していただければ、親子関係が改善し、子育ても楽になるはずです。

反抗期には2種類ある

反抗期

反抗期には、2種類あります。1つ目は「いい反抗期」です。子どもは成長につれて、自分の意見や意思を持つようになります。

するとどこかで親の意見とぶつかるため、反抗しているように見えるのです。

ただこれは、子どもが自立する上で大事な過程であり、いい反抗期といえるでしょう。

2つ目は「悪い反抗期」です。これは、愛情不足や親子関係の悪化から起こります。

親にかまってもらうためにわざと反発したり、暴言を吐いたりするような状態といえるでしょう。

いい反抗期を終わらせる方法

親子

いい反抗期は、急いで終わらせる必要はありません。今、子どもは自立へ向けて成長している段階だからです。

見守る形で、子どもの意見を尊重しましょう。親と意見が異なる場合は、

「そう考えているんだね。一度やってみたら?ただお母さんなら○○するかな」と否定はせず、さらっと自分の意見を伝えるといいでしょう。

いずれ子ども自身が失敗したときに、学ぶことができるからです。

ただし、明らかにおかしなこと(法律に触れることや、人に迷惑をかけることなど)は、否定しないといけません。

悪い反抗期を終わらせる方法

愛情

悪い反抗期を終わらせるには、愛情不足を解消し、親子関係を良好にすることが必要です。そのためには、日ごろから、
  • 子どもの意見を頭から否定せず受け止める
  • 子どもの要求をできる限り聞く
  • 表情、言葉を明るくしてイライラを見せない
  • ダメな事はダメだときちんと伝える
ことが大切です。親の愛情が子どもに的確に伝わると、子どもは反抗する必要がなくなります。少しずつ、反抗期が落ち着いていくはずです。

本日のまとめ

中学生

反抗期には、2種類あります。子どもが自立することで意見の食い違いが起こる「いい反抗期」と、愛情不足から起こる「悪い反抗期」です。

後者の場合は、親の愛情を的確に伝えていくことで徐々に落ち着いてきます。

子どもを変えようとするのではなく、まずは親の言動から変えていくように意識しましょう。

明日ですが、「宿題をやったと嘘をつく子の対処法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもの反抗期を終わらせる方法

関連記事

  1. 主婦

    子どもが暴れて嫌いになってしまった方へ

  2. 過敏症の子どものサポート法

  3. 主婦

    子どもの気持ちがわからないときにすべきこと

  4. 親子喧嘩

    勉強の話をすると不機嫌になる子どものサポート法

  5. 兄弟

    兄弟で成績が違いすぎる悩みの解決法

  6. 年末年始

    年末年始で崩れた生活リズムの立て直し方

  7. そろばん

    習い事と遊びどっちが大事?

  8. 親子

    子どもの心を満たす親の声掛け3選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP