転校生の中学生が意識すべきこと

転校生

 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました
※プライバシーの関係で内容を一部
変更させていただいております。

中学1年生です。
先週、父の転勤で転校しました。
これから学校生活を楽しく過ごしたいです。

なのでどのような感じで
過ごしていけば良いか教えてください。
よろしくお願いします。

私自身、
自分が転校したことはないのですが、
転校生がクラスに来たことは何度もあります。

では中学生本人は、
どのような意識で学校に行けばよいのか、
これをまとめます。

基本的に転校するというのは、
「他の環境に自分が入っていく」
と言うことです。

これは転校だけではなく、
大人になった時にある転職や
クラブチームなどに入るときと
同じ状況です。

あなたがその環境に入った時、
既にコミュニティができている
というのが特徴になります。

で、こういった時に、
絶対に気を付けてほしいことが2つあります。

1.人から好かれる行動をとる!


逆の立場を考えてみてください。
あなたの学校に転校生が来ます。
するとあなたはどう感じますか?
おそらく、
  • どんな人なんだろう?
  • 仲良くなれるかな?
  • 不良だったらどうしよう
という感じの感覚に、
なるかと思います。

 

で、ここからが大事なのですが、
どんな転校生だったら嬉しいですか?
普通に考えると、

 
  • いつも笑顔でニコニコしている
  • 相手から挨拶をしてくれる
  • 困った時に助けてくれる
みたいな転校生だったら、
嬉しいですよね?
だからそういう転校生になればよいのです。
逆にこんな転校生、

 
  • すぐに不良のパシリになる
  • いきなりデカイ態度を取る
  • いつもイライラしている
だったら嫌ですよね?
だからそういったタイプにならなければ
良いわけです。

2.最初は自分を出さない!


私自身の考えだと、
「自分と気が合わない友達とは、
一緒にいない方が良い」と
思っています。

 

以前書いたこちらの記事のお話ですね。
⇒ http://ke1.biz/t/174/
ただ転校生に限っては、
最初のうちは自分の価値観は少し隠してでも
いろいろな人と上手く接した方が良いです。

 

というのは、
転校した最初のうちは、
なかなか友達ができません。
だから一人になってしまう可能性があります。

 

そうなってしまうと、
学校が楽しくなくなってしまいますよね。
だから最初のうちだけは少し我慢をしてでも、
周りの友達に合わせた方が良いです。

 

で少しずつ友達が増えてきたら、
その中から自分と一番価値観が合う子
一緒にいれば良いです。

 

最後にお父さんお母さんが
気を付けることもお話しします。
仕事の都合などで子どもが転校する場合、
子どもは最初精神的に疲れます。

 

これは上でも書いたように、
どうしても周りに合わせようとするからです。
だからせめて自宅にいるときくらいは、
休ませてあげるようにしてあげてください。

 

学校で疲れているときに、
家でも「勉強しろ」とか
「だらだらするな」とか言われたら、
子どもはさらに疲れてしまいますよね。
その結果、子どもは

 
  • 不登校
  • 非行
  • 引きこもり
などに陥りやすいのです。
転校してから3か月ほどは、
いつも以上に過干渉をやめて、
子どもを保護してあげるようにしてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 練習

    自信は練習からしか生まれない

  2. 勉強

    間違った勉強を続ける子どものサポート法

  3. 海外旅行

    お金をかけず家族で海外に行く裏技

  4. 体重計

    中学生向けおすすめダイエット法

  5. バットとグローブ

    部活動のグッズを2割引きで購入する方法

  6. 中学生

    子どもの長所を見つけるヒント

  7. ご褒美

    部活を頑張ったらご褒美を買うのはアリ?

  8. 模試

    模試の効果的な見直し方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP