反抗期がない子は将来危険?

反抗期

子どもが激しい反抗期になると、親として悩むと思います。しかし、反抗期がない子もいます。

ほとんどの方は、「ないほうがラッキー」と思うかもしれません。しかし、反抗期がないと危険なケースもあります。

そこで今回は、反抗期が起こるメカニズムと反抗期の重要性を解説します。反抗期がひどい子への適切な対処法もわかると思うので、参考にしていただければ幸いです。

反抗期が起こる基本メカニズム

反抗期

子どもは生まれてから、基本的に親の言うことを聞いて成長します。ただ、親の価値観と子どもの価値観が一緒のことは少ないです。

そのため、ある時期になると親の意見に反発するようになります。たとえば親が「高校は工業科に行った方がいい」とアドバイスしても、子どもは「普通科の方がいい」と反発するのです。

お互いの考えが違うことで、両者がぶつかる。これが、反抗期の基本的な構造です。

反抗期がない2つの理由

イライラ

反抗期がない子もいます。この場合、考えられる理由は、2つです。1つ目は、正しい子育てができているからです。

先ほど、「反抗期は、お互いの意見が違うからぶつかる」と書きました。つまり、親の意見を主張しすぎず、子どもの意見を尊重すれば、ぶつかることはありません。

この場合、反抗期がない、あっても小さいように感じるのです。2つ目は、本音が言えない関係だからです。意見を言うと親に反発されることがわかっている子は、親に何も言いません。

言っても無駄だと思うからです。ただこの場合、どこかで子どものイライラが爆発します。かなり危険な状態です。まずは愛情バロメータを上げ、子どもとの会話を増やしましょう。

そのうえで、次に説明する3つを意識してみてください。

反抗期の子どもへの向き合い方3箇条

夫婦

そこで、反抗期の子どもと向き合うときに押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

1つ目は、反抗期を楽しむ思考です。子どもが親に反抗するのは、成長している証です。そこで、どう反発してくるか楽しんで待ちましょう。

2つ目は、失敗=成長という思考です。仮に子どもの意見が間違っていたとしても、無理に親の意見を押し通す必要はありません。命にかかわらない失敗なら、あえてさせましょう。

3つ目は、チーム思考です。子どもが自分の考えを理解してくれないイライラや悩みは、誰かに聞いてもらいましょう。夫や妻、ママ友やカウンセラーなどに話を聞いてもらうとすっきりします。

本日のまとめ

やる気

反抗期がないのは、正しい子育てができているか、本音が言えないかのどちらかです。前者なら問題ありません。後者だといつ爆発するかわからないので危険な状態です。

反抗期を楽しむ思考、失敗=成長思考、チーム思考の3箇条を押さえて、お子さんに訪れた反抗期を乗り越えましょう。

明日ですが、「高校生の子どもが進路に悩んでいたら?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!反抗期がない子は将来危険?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

 

関連記事

  1. 中学生

    不登校が改善した後に意識すること

  2. 親子会話

    会話が増えると成績が上がる理由

  3. 祖父母と孫

    祖父母が子どもの人生を壊す

  4. 母子家庭

    ひとり親世帯の子育て法

  5. イライラ

    子どもへのイライラ対処法

  6. 陸上

    陸上で全国大会に出場した成果報告

  7. 子育て

    子育ての成功の道は子どもを変えないこと

  8. 寝込む

    体が弱い子の親が意識すべき2つのサポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP