春休みに親子で実践すべき2つのこと

春休み

今日から3月になりました。
中学3年生はあと1週間ほどで、
春休みになるかと思います。

春休みと聞くと、

  • この時期に1年間の勉強をすべき
  • 来年度の予習を進めよう
という感じで、

 

勉強のことばかり、
頭に浮かんでしまう方がいます。
実はこれは大きな間違いです

 

春休みにやるべきことは、
目先の利益(次のテストの点数を上げる)
を増やす行動ではなく、

 

もっと先の利益
(子どもの人生そのものが上手く進む)を
増やす行動に特化すべきです。

春休みは子どもが変化をする時期

入学式
なぜ春休みは勉強ではなく、
子どもの人生そのものが上手く進むための
行動を増やすべきなのか。

 

その理由は、
春休みって子どもたちの環境が、
大きく変化する時期だからです。

 

小学6年生なら、
まもなく初めての中学校生活が
始まるタイミングになります。

 

中学3年生も同じで、
1か月後に高校生活が始まります。

 

中学1年生の子の場合、
4月から後輩が入ってくるため、
先輩になります。

 

中学2年生なら、
来年度はいよいよ受験です。

 

こういった大きな変化がある年は、
子どもたちの心境が大きく変わるため、
問題行動などが増えやすい時期なのです。

 

その時期に、
「勉強!勉強!」と過干渉になると、
親子関係が崩壊します。

実践1 愛情バロメーターを上げる行動が重要

親子
そこでまず初めにやるべきことは、
愛情バロメーターを上げる行動です。
春休みは子どもと一緒に過ごす時間が
かなり増えると思います。

 

そこで、
  • 一緒にゲームをする
  • 一緒に買い物に行く
  • 一緒に料理を作る
 

というような、
子どもとの関係が良くなる行動を
普段以上に増やしていくとよいです。

 

会社が休める環境なら、
この時期だけ休みをもらってでも、
子供と過ごす時間を増やしてください。

 

ここで手を抜くと、
4月からの1年間かなり苦労します。

実践2 夢を見つけるきっかけを創る

海外旅行
もう一つは、
将来の夢を見つけるきっかけとなる、
行動を増やすとよいです。

 

具体的には、
  • ホームステイに行ってみる
  • 2泊3日で初めての海外に行ってみる
  • キャンプに行ってみる
  • 新幹線で旅行に行ってみる
 

というような、
時間がないとできない経験を、
たくさんさせるようにしてください。
特に海外旅行などはおすすめです。

 

海外旅行に1度でも行くと、
  • 英語が好きになる
  • なぜか英語に得意意識を持つ
  • 視野が広がる
 

というような、
いろいろなメリットがあります。

 

海外は時間とお金的に厳しければ、
新幹線や車で普段はいけないような場所に
行ってみるのもおすすめです。

 

このような経験を毎年1回か2回
長期休みのタイミングで入れていくだけで、
将来やりたいことが見つかる可能性が、
大きく上がる思います。

 

最後に、最近
「お金をほとんど使わずに海外に行く方法」
がわかりました。

 

現在道山も実践していて、
今年の夏にこの方法を使って、
ハワイに行こうと計画しています。

 

普段私のメルマガを読んでくれている
あなたにこの方法をシェアすべく、
現在無料レポートを制作していますので、
楽しみにしていてくださいね!

 

明日ですが、
「勉強を3倍面白くするある工夫」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 嘘

    嘘をつかない子どもに育てる方法

  2. 将来の夢

    これからの時代に上手くいく仕事の条件とは?

  3. 家族

    共働き夫婦専用の子育て理論

  4. 父親

    子どもをダメにする父親の特徴

  5. 仮病

    子どもが仮病で休もうとするときは?

  6. 時間

    時間管理ができない子どもへの考え方

  7. 夢

    夢が破れてしまったときにすべきサポート

  8. 親が絶対にしてはいけない行動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP