子どもが潰れる子育てはどっち?

うずくまる子供

お子さんの才能、できることなら伸ばしたいというのが親の想いですよね。ただ、やりすぎは禁物です。

そこで本日は、子どもが伸びる子育て、潰れる子育て法について考えていきましょう。

2つの事例を挙げながら、子育てにおいて大切な考え方をお伝えしていきます。ご自身に当てはめながら、読んでいただければ幸いです。

自分が子どもならどっちがいいですか

AとB

今から2つの例を出します。あなたが子どもなら、どちらの親がいいですか?

A君の親

英才教育が重要だと考え、分刻みでスケジュールを立て、勉強、習い事などを頑張らせます。子どもの意志は、ほとんど聞かず、親主導で進めます。

B君の親

子どもの意志が重要と考え、やりたいことをやらせます。たまに家でダラダラしていても、子どものペースで進めます。

A君とB君の親は、真逆の考えといえるでしょう。これは極論なので、正解はありません。ただ私の経験上、A君の方が潰れやすくなります。

結論!Aの方が潰れやすいが100%ではない

疲れた子供

A君は、英才教育を受けています。才能がどんどん伸びていき、将来活躍できる可能性もあるでしょう。

しかしA君が成功するとしたら、本人が勉強と習い事を分刻みでやりたいと思っていて、体力もある場合だけです。

割合としては、1%ぐらいでしょう。つまり、99%の子は、A君の親だと潰れてしまいます。

一方、B君が潰れることは99%ありません。子どものペースでやっているからです。ただ、ダラダラが続くと能力が伸びなくなる心配もあります。

子どもの気持ちとストレスのバランスを考えよう

勉強する

では、親はどうしたらいいのでしょうか?2択であれば、子どもを潰さないためにB君の親を目指しましょう。

子どもが倒れてしまうと、回復にかなり時間がかかるからです。ただ、B君の子育てをして、子どもの気持ちに余裕があるなら、
  • 宿題の後に「あと5分だけやってみよう」ともう少し頑張るための声かけをする
  • 習い事を辞めたいと言ったら「1ヶ月だけ様子を見てみようか」と考える期間を作る
といいでしょう。多少ストレスを与えることで、成長につながります。大事なのは、子どもの気持ちとストレスのバランスです。

本日のまとめ

笑顔

子ども本人が英才教育を望んでいるなら、分刻みのスケジュールを入れても問題はありません。しかし、そうでないなら過度なストレスとなり、潰れてしまうでしょう。

大事なのは、子どもの気持ちとストレスのバランスを考えることです。子どもの意志を尊重しながら、余裕があるときだけ多少のストレスをかけてあげるといいでしょう。

明日ですが、「子どもを幸せのために親が意識すべきこと」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが潰れる子育てはどっち?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. リフレッシュ

    子育ての悩みが消えるおすすめ法5選

  2. 起立性調節障害

    起立性調節障害の症状と治し方

  3. 過干渉になってしまう理由

  4. いじめ

    進学した高校で子どもがいじめられたら?

  5. 保健室

    なぜ子供は保健室に行くのか?

  6. 佐々木先生

    佐々木先生の過保護のすすめDVDがすごい!

  7. 頭がいい子

    頭がいい子の親の習慣TOP3

  8. 鬱病

    子育てに限界を感じたときの相談先

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP