コスパのいい子育てとは?

コスト

子育てにおける「コスパ」というものを考えたことはありますか?コスパとは、何にお金と時間をかければ、より子どもが幸せになれるかです。

ここを考えると、親が特に頑張るべきところは2つあります。これを意識していただくと、子育ての負担が少なくても子どもが将来幸せになれるはずです。

みんなと同じことはコスパが悪い

野球

最初に、大切なことをお伝えします。それは、みんなと同じことはコスパが悪いと言うことです。

スポーツを例に挙げて説明しましょう。競技人口が多いもの(みんながやっているもの)ほど、ライバルが多いコスパは悪くなります。

1000万人がやっているスポーツと、10万人のスポーツがあるとすると、前者の方がライバルが多いためトップを狙うのが難しいからです。

子育ても、同じことがいえます。勉強や多くの子が部活やクラブチームなどしているスポーツは、コスパが悪いです。

みんな頑張っているため、相当な努力をしないと抜きんでた才能とはならないからです。

コスパのいい子育て1.良好な親子関係

親子

では、何を頑張るのが、コスパのいい子育てと言えるのでしょうか?一番は「親子関係」です。

周りを見渡してみてください。子どもに勉強やスポーツを頑張らせている方は多いです。

しかし「良好な親子関係を作るために頑張っている」という方は、まだまだ少ないでしょう。

親子関係がよくなると、子どもは根拠のない自信を持つようになります。すると、将来何をしてもうまくいく子になります。

つまり、一番コスパがいいのは、良好な親子関係を作ることに時間をかけることです。

コスパのいい子育て2.経験から夢を見つけさせる

夢

もう一つ大切なことがあります。それは「経験」です。周りの子がしている部活などの経験をさせても、コスパがいいとは言えません。

そうではなく、周りの子がしていない経験をさせたほうが、コスパと言う点ではいいでしょう。

たとえば、山登り、釣り、城めぐり、海外留学、プログラミング、特殊な動物を飼ってみる、特殊な楽器を習ってみる、生徒会をやってみるなどでしょうか。

こういったいろいろな経験をすることで、夢を見つける確率も上がります。また受験の面接のときにも、みんなと違うエピソードが話せるので、面接官に印象づけることもできます。

本日のまとめ

コスト

今日はいつもとは少し違った視点で、子育てを考えてみました。勉強、部活を頑張ることは大切なことです。

ただコスパという視点で考えると、あまりいいとは言えません。それよりも「親子関係を良好にすること」「人と違った経験をたくさんさせること」の方がいいでしょう。

明日ですが、「高校受験の塾選び!3つのコツ」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!コスパのいい子育てとは?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 教室

    クラスに馴染めない子どものサポート法

  2. 親子

    最強の子育て法は「過保護」

  3. 無視や暴言が改善した成果報告

  4. 不合格

    高校受験に失敗してしまった時にかける言葉

  5. 親子

    不登校、スマホゲーム依存など子育てに関する相談への回答をまとめました!

  6. ドリームキャッチャー

    夢を叶えられる子どもを育てる4ステップ

  7. いじめ

    友達をいじめる子どもの心理

  8. 30年間カップラーメンを食べ続けた子どもの末路

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP