教育費はいつかけるのがベストか?

教育費

教育費が家計に与える影響って、かなり大きいですよね。そのため、教育費を節約したいと思うのは当然でしょう。

ただし、節約してもいい教育費、かけるべき教育費があります。ここを間違えると、お金も時間も損をすることなるでしょう。

一方、正しく判断できれば、子どもの能力を最大限伸ばすことができます。将来、社会で活躍できる人間になるはずです。

教育費こそ最強の投資

投資

私は、教育費こそ最強の投資だと思っています。なぜなら、知識、経験、思い出、能力UPすべてにつながるからです。

たとえば、子どもの習い事、何かを学ぶこと、新しい経験をすることなどにお金を投資したとしましょう。その結果、
  • やりたいことが見つかれば、将来の収入や楽しさがUP
  • 能力が上がれば、人生が楽になる
  • 思い出が増えると、幸せになる
このように、人生においてにプラスになることが多いです。これほどお得なお金の使い方は、ないでしょう。

ただし、かけるべきではない状況やタイミングもあります。それは、どういった場合でしょうか。

かけてはいけない教育費とは?

イライラ

まずは、借金をしてまで教育費にお金をかけるべきではないでしょう。

支払いに追われると苦しくなったり、子どもの能力が伸びなかったらイライラしたりするからです。

もちろん、進学の際に奨学金を借りるというのは、場合によってはありでしょう。

ただし、今後の支払いや金利のことなども考えて、慎重に手段を選ぶことが大切です。

次に、子どもが嫌がっている習い事や行きたくない学校の学費には、お金をかけるべきではありません。

過干渉になるため親子関係が悪くなり、能力も伸びず、辛い思い出が残るなど、たくさんのデメリットがあるからです。

おすすめの教育費の使い方

サッカー

上記を踏まえて、子どもにおすすめの教育費の使い方をお伝えします。

1つ目は、「できるだけ早い時期に使うこと」です。小さい時の方が、能力が伸びやすいからです。

さらに、早く得た知識や経験の方が、長い時間使うことができるためお得でしょう。

2つ目は、「子どもがやりたいことにかけること」です。やりたいことは、能力が伸びやすいからです。楽しい思い出も増えるでしょう。

3つ目は、「失敗を恐れないこと」です。どうせ続かない、お金が無駄になるかもという思考は捨てましょう。何事も、やってみないとわからないからです。

早めに経験させて、合わなかったら早めにやめれば損失も大きくはならないでしょう。

本日のまとめ

お金

私は、教育費こそ最強の投資だと考えています。

とはいえ、借金をしてまでお金をかけたり、子どもが嫌がる習い事や学費に使ったりするのは、上手くいかない可能性が高いでしょう。

家庭の状況が許す範囲内で、できるだけ早い時期に使うこと、子どものやりたいことにかけることが大切です。

明日ですが、「塾をやめたいと言われたときの対応法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!教育費はいつかけるのがベストか?

関連記事

  1. 子育てがつらいと思うあなたへ

  2. お小遣い

    お小遣いをあげすぎると起こる悲劇

  3. 東大

    子どもを東大に入れる子育て法

  4. 親子

    最強の子育て法は「過保護」

  5. 主婦

    完璧主義なママの末路

  6. 親子

    モンテッソーリ教育って何?

  7. 花火大会

    夏休みは親子関係を良好にするチャンス

  8. スマホ

    スマホを注意すると子供が暴れる場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP