令和に活躍する子3つの条件

手を上げる中学生

「子どもの将来が不安」という悩みってないでしょうか?そこで今回は、令和に活躍する子3つの条件をお伝えします。

実は、平成と令和では求められる力が違います。その違いを理解すれば、どんな子が将来活躍できるか見えてきます!

お子さんが世の中で活躍できるようになれば、親としてこんなにうれしいことはないですよね。将来の不安がなくなれば、子育てのストレスからも解放されます。

今の流れを見ている限り、かなり高い確率で当たると思います。参考にしていただければ幸いです。

条件1 熱中できることがある

パティシエ

バブル崩壊とともに、大企業に入れば安泰という時代は終わりました。令和になってから、大企業が続々とリストラをしているニュースを見ると、その傾向はさらに強まっています。

では、そんな時代でも活躍している人は、どんな人でしょうか。それは、企業、個人問わず、自分の好きなことを仕事にしている人です。

好きなことを仕事にすれば、仕事は遊びの延長になります。つまり、仕事のストレスがなくなるため、どんどん成長できるからです。

こういった人は、仮に会社が倒産しても、他の企業から声がかかります。また、独立して自分で仕事をすることもできるでしょう。

そこで、お子さんにもいろいろな経験をさせるといいです。経験から、好きなことが見つかるからです。少しでも興味がある分野があったら応援し、とりあえずやらせてみましょう。

条件2 親子の仲がいい

鬱病

コロナになってから、うつ病がかなり増えています。人との交流がネットに変わってきているため、この流れはさらに加速するでしょう。

どれだけ能力があっても、うつ病になってしまったら力を発揮できません。では、どうしたら、うつ病にならずに済むでしょうか。

大事な要素のひとつに、親子関係が挙げられます。親子関係がいい人は、行動するエネルギーが多いので、うつにもなりにくいからです。

また、何かあったときは「親が助けてくれる」という安心感があります。すると、仕事、学校、将来作る家庭でひどい扱いを受けたら、逃げることができます。

そこで、日ごろから愛情バロメータを上げるようにしましょう。子どもが、高校、大学、社会人になっても同じです。

条件3 人と違った考え方ができる

アイデア

今の日本は、普通に暮らす分には困らないくらいに豊かです。飢え死にしている人がいないのが、その証拠です。

こういった時代は、新しいものが求められます。最近だとスマートフォン。これからの時代は、自動運転の車でしょうか。

これらって、一般的な考えでは出てこない発想です。つまり、人とは違った考えができるが人が求められます。

そこで、子どもの考えやアイデアを認めてあげましょう。親からすると「さすがに無理でしょ。それやる必要ある?」と思う発想でも、とりあえずやらせてみることが大切です。

たとえば、子どもが自分の部屋の模様替えに興味を持ったとします。この場合「何この部屋?過ごしにくそう(笑)」と思っても、ルールの範囲内なら見守ることが大切です。

そういった経験から、新しい発想が生まれてきます。

本日のまとめ

親子

令和時代に活躍できる子は「熱中できることがある」「親子の仲がいい」「人と違った考え方ができる」の3つの条件を備えている子です。

そこで、いろいろな経験をさせる。愛情バロメータを上げる。ルールの範囲内でなら好きなようにやらせてみる。この3つを意識しましょう。

明日ですが、「英語の応用力をつけさせ9割取らせる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!令和に活躍する子3つの条件

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 祖父母の過干渉

    祖父母の過干渉に対する対応策

  2. 食卓を囲む

    過干渉の親がしがちな3つの声掛けの特徴

  3. 引越し

    引越しの際、子どもに注意すること

  4. 中学生

    優等生が将来ダメになる理由

  5. スマホ

    道山の記事は高校生になって読んでも良い?

  6. 海

    夏休みは、家族で何回出かけましたか?

  7. 褒める

    キンコン西野さんの育てられ方

  8. ねずみ

    ねずみの実験からわかるスマホ依存2つの原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP