子どもが学校説明会をサボるときは?

サボる

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中3、不登校になり一年経ちます。そろそろ進路を考えなくてはいけないのですが、説明会に行くと約束して5、6回当日になり行かないの繰り返し。しまいにはその話しないでと。

その後2、3日経つとまた、説明会いくの繰り返しです。親はどのように接していけば一歩踏み出せるのでしょうか?

進路を決める上で、学校説明会や体験入学は非常に重要な機会です。ただ、親が誘っても子どもが乗り気ではないと、困ってしまいますよね。

このとき間違った対応をしてしまうと、不登校が悪化してしまい、高校進学どころではなくなってしまいます。

一方、きちんとサポ-トしていけば、子どもの人生は充実したものになり、希望を持って生活することができるはずです。

子どもが説明会に行けない2つの理由

起きられない

子どもが説明会に行けないのは、2つの理由が考えられます。1つ目は、行こうと思っているけれど体が動かないからです。

頭では「行かないといけない」とわかっているものの、体や心が動かないというケースが考えられます。

2つ目は、そもそも行くつもりがないからです。親から「行きなさい」と言われるのが嫌なため、とりあえず「行く」と言っているだけの状態です。

どちらのケースであっても、対応は同じです。

今親がすべき対応法

親子

親としては、なんとかして説明会に行かせたい(高校に行かせたい)という思いがあるのでしょう。

ただこの場合、まずはこういった気持ちを出さないことが大切です。その気持ちが子どもに伝わると、プレッシャーになるからです。

子どもは心が苦しくなるため、ますます体が動かなくなるでしょう。ここで大切なのは、無条件の愛情で子どもと向き合うことです。

「高校は行っても行かなくてもどちらでもいい、元気でいてくれたら十分」と考え、子どもに接していきましょう。

それだけで、子どもは心が楽になります。その結果、愛情バロメータが上がり、行動するエネルギーが出てくるはずです。

今後の話し合いだけはしておく

メリットデメリット

ただし、中3の今の時期は、進学か就職かを決めていかないといけません。そのため、どうするかの話し合いだけはしておきましょう。

「高校は行くかどうかはどちらでもいいよ。ただ、行かない場合は就職することになるよ」と話をし、それぞれのメリットとデメリットを伝えます。

その後、子どもにどうしたいかを考えさせることが大切です。「高校に行きたい」と言うなら、説明会に行くのか、一か八かで進学するのかを相談しましょう。

説明会に行かない場合、その後続かない可能性は高いものの、とりあえず願書だけ出す形でも大丈夫です。

就職の場合は、一緒にハローワークに行って就職先を探すといいでしょう。子どもに決断させることが何より大切です。

本日のまとめ

愛情

子どもの高校進学は、親の気持ちでなく、子どもの意志を優先させましょう。

ただし、1つ注意点があります。進学も就職も、どちらにしても愛情バロメータが低いと続きません。

日頃から、親の愛情を子どもにしっかりと届けていきましょう。

明日ですが、「愛情不足の子が初期に起こる変化」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが学校説明会をサボるときは?

関連記事

  1. お金

    子どもにすべきお金の教育

  2. やる気

    勉強のモチベーション維持テクニック

  3. 昼夜逆転

    不登校の昼夜逆転改善法

  4. 保健室

    別室登校のメリットとデメリット

  5. スマホ

    スマホを購入する適正年齢とは?

  6. 中学生

    人間関係に疲れてしまった不登校の改善法

  7. 甘える子供

    甘えとわがままの違い

  8. 親に質問をしない子どものサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP