人を信じられない子どもへの対応法

落ち込む子供

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中1息子がいじめにあい、二学期ほぼ登校することができませんでした。

先生にも相談して、当事者と話し合い、仲直りをしたはずでしたが、その後またLINEグループを削除され、登校はできないままです。

いい親子関係は築けてきていると思うのですが、「誰も自分を待っていない、信じられない」と登校への気持ちは動きません。

転校は嫌だと言います。人を信じられない息子へ、愛情バロメータをあげるしかできることはないのでしょうか?

子どもがいじめなどにより人を信じられなくなってしまうと、親として辛いですよね。

このとき、愛情バロメータを上げること以外にできることがたくさんあります。

やるべきことを正しい順序で行うことで、子どもは友達を信じられるようになるでしょう。

ステップ1.信頼できる大人を作ろう

親子

現在相談者さんのお子さんは、誰も信じられない状況になっています。そのため、まずは信頼できる大人の存在が必要です。

いきなり友達のことを信頼するのは、ハードルが高いからです。まずは、親が今まで以上に信頼される存在になりましょう。

その後は習い事や塾の先生、家庭教師、親戚などの身近な大人で、信頼できる人を作りましょう。その後、信頼できる友達を作るのが理想です。

大人は子どもに合わせてくれるので、子ども同士より信頼関係をつくりやすいでしょう。

ステップ2.現実を伝えよう

フリースクール

次に、現実を伝えることも大切です。今回のLINEグループ削除事件は、「いじめ」なのか、「ただ友達関係をやめた」だけなのか、わかりません。

いじめは絶対にあってはならないので、前者の場合は再度先生に話をして、加害者の親子と話し合いをするようにしましょう。

後者の場合は、新しい友達を作るしかありません。今の学校なら、先生に相談して友達作りを手伝ってもらいましょう。

いじめがトラウマになっているなら、フリースクールや他の学校に転校して再スタートを切るのもありです。

それぞれのメリットデメリットを伝えた上で、子どもにどうしたいかを考えさせましょう。

ステップ3.別の場所で友達作りをサポート

サポート

いきなり学校で友達を作るのが難しければ、習い事、塾などで作っても大丈夫です。

子どもが何か趣味を持っているなら、そのイベントに参加して、そこで同年代の子と話をするのもいいでしょう。

友達作りで大切なのは、信頼できる人を1人作ることです。というのも、友達は数ではなく深さが大切だからです。

一人だけでも信頼できる友達がいれば、子どもの心は元気になるでしょう。

本日のまとめ

笑顔の子供

人を信じられなくなっている子どもには、まずは愛情バロメータを上げて、親などの大人が信頼できる存在になることが大切です。

その上で、学校に戻るのか、転校するのかなどを子どもと話し合って、子どもにとって安心できる居場所を見つけましょう。

新しく友達づくりを行うときは、先生にも協力を仰いで、間に入ってもらうとスムーズにいきます。

明日ですが、「子どものコミュ力を上げる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!人を信じられない子どもへの対応法

関連記事

  1. 悩む中学生

    中1で勉強についていけない悩みの解決法

  2. 転寝

    疲れて勉強できない場合の対処法

  3. 少年

    引越し後に子どもが荒れた場合の改善ステップ

  4. FacebookとInstagram人気からわかる子育ての問題点

  5. スマホとお金

    なぜゲーム課金は危険なのか?

  6. ハート

    誰からも愛される子どもの条件

  7. 本

    不登校で悩んだ時のおすすめ本

  8. 悩む主婦

    附属高校に進学できないのに勉強しない時は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP