最強の子育て法は「過保護」

親子

「過保護の子育て」は、賛否両論あるテーマです。しかし、私は「過保護」こそが最強の子育てだと思っています。

今日の記事を読んでいただくと、過保護の子育ての良さわかります。子育ての不安もなくなるでしょう。

今後の子育ての方向性もわかると思うので、実践してみてください。

過保護とは何か?

唐揚げ

そもそも過保護とは「子どもの要求を聞きすぎること」です。おそらく、児童精神科医の佐々木正美先生が定義された言葉だと思います。たとえば、
  • 「から揚げ食べたい」と言われたら作ってあげる
  • 「イオン行きたい」と言われたら連れてってあげる
  • 話聞いてほしいときはすぐに聞いてあげる
このように子どもの要求を聞きすぎる、というのが過保護です。当たり前ですが、忙しい現代では完璧に実践するのは難しいでしょう。

そのため「過保護の子育てを目指す」のがベストだと、私は考えています。

なぜ過保護の子育てが最強なのか?

挑戦

ではなぜ、過保護の子育てをするといいのでしょうか?それは、子どもが親のことを好きになり、信頼できるようになるからです。

そして信頼できるようになると、二次的なメリットがあります。たとえば、
  • いじめを受けたら親にすぐに相談できるため、長期化や深刻化を防げる
  • スマホのルールを守ろうと努力できるため、依存になりにくい
  • やってみたいことに挑戦できるため、成功しやすくなる
こういった良いことがあります。親子関係が良好になるだけで、勉強や子育てが上手くいきやすくなるのです。

よくある2つの勘違い

暴言

ただし、よくある勘違いもあります。1つ目は「聞いてはいけない要求もある」ということです。

「腹減ったから早く飯出せカス」⇒これは暴言であり親を傷つける言葉です。聞いてはいけません。

「タバコ買ってきて」⇒未成年の場合、これは法律に違反することです。聞かないようにしましょう。

2つ目は「おせっかいは逆効果」ということです。

子どもが「唐揚げ食べたい」と言っているのに「から揚げより体にいいサツマイモの天ぷら作ったよ」と言っても、子どもは喜びません。

本日のまとめ

親子

過保護の子育てをすると、親子関係がよくなり、何事にも挑戦できるようになります。

ただし、人に迷惑をかけること、人を傷つけること、法律やルールに違反すること(迷傷法)は、聞いてはいけません。

明日ですが、「人を信じられない子どもへの対応法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!最強の子育て法は「過保護」

関連記事

  1. ゲーム

    ゲームがやめられない場合のサポート法

  2. 落ち込む

    成績が下がった子どもへの声かけ法

  3. 30年間カップラーメンを食べ続けた子どもの末路

  4. 不登校

    中高一貫校や私立中学での不登校対応

  5. 遊ぶ子ども

    宿題を後回しにする子ども対応法

  6. スマホ

    これって、スマホゲーム依存症?

  7. 親子

    子どもが伸びる親の特徴TOP3

  8. 価値観を変える

    価値観を変えなきゃ結果は変わらない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP