高校進学したいのに学校へ行かないときは?

不登校

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

不登校。高校に進学したいから学校へ行くと言って、行ったように装い、嘘をつかれています。気付かないふりをしていたけど、出席がまずいので怒りました。

先生の言う通りに何も言わない、好きなものを食べさせる、やりたいことをやらせるなど実践してきたつもりです。

でも全く良くなる気配がない。ただ甘えてるようにしか思えません。だるいから行かないという気持ちを尊重して、このまま引きこもらせていいのでしょうか?

子どもが高校に進学したいと言うなら、親としては叶えさせたいですよね。それなのにこの状況では、不安を感じてしまうでしょう。

しかし、こうなってしまったのには原因があります。本日はその原因と対応法を解説します。

これができれば自分の将来について前向きに考えるようになり、学校に行ってくれるようになるはずです。

考えられる2つの原因

親子

高校に進学したいという思いはあるのに、学校に行っていないのには2つの原因が考えられます。

1つ目は、行け行けプレッシャーをかけているからです。まだ愛情バロメータが高くないのにプレッシャーをかけると、

子どもは「親がプレッシャーかけてくるから高校進学したいと言っておくか」という感じになります。

すると本心ではないのに、「高校に行きたい」と言うことがあります。

2つ目は、ダメな要求まで聞いているからです。子どもの要求を聞くことは大切ですが、ダメな要求を聞いても愛情バロメータは上がりません。

聞いてもいい要求とダメな要求の違い

唐揚げ

では、聞いてもいい要求とダメな要求は、どのように判断すればいいのでしょうか。

暴言や理不尽な要求は聞いてはダメ、甘えや正当な要求は聞いてもOKと考えましょう。

たとえば夜中1時に「腹減ったから唐揚げ作れ!」というのは理不尽な要求です。親に対して言っていい言葉でもありません。

一方夕方に「お母さんお腹すいたから唐揚げ食べたいな」というのは、甘えであり正当な要求といえます。

ダメな要求まで聞いてしまうと、子どもはやりたい放題になってしまうので注意しましょう。

無条件の愛情+行けない原因を聞こう

愛情

今回の相談者さんがやるべきことは、行け行けプレッシャーをなくすこと。そして正当な要求だけを聞いて、愛情バロメータを上げることです。

これでも学校に行けない場合は、何か学校でトラブルが起きている可能性もあります。その場合、先生と連携して解決しましょう。

良好な親子関係ができれば、子どもは親に本心を話してくれるようになります。もしかしたら、「高校に行かず働きたい」と言うかもしれません。

まずは、何でも話し合える関係を作ることから始めましょう。

本日のまとめ

親子

高校に進学したいと言っているのに学校に行かない場合、親がプレッシャーをかけているか、ダメな要求まで聞いている可能性があります。

暴言や理不尽な要求には、毅然とした態度で接しましょう。子どもが本心を話してくれる関係を作ることが、大切です。

明日ですが、「かけてはいけない無駄な教育費TOP5」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!高校進学したいのに学校へ行かないときは?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 中学生

    不登校が改善した後に意識すること

  2. 親子

    やってはいけない子育て5選

  3. 受験

    不登校の子どもの高校受験戦略

  4. 子どもが何に対してもマイナス思考になってしまう原因とは!?

  5. 応援

    応援すべき進路と反対すべき進路の違い

  6. しつけ

    やって良いしつけとやってはいけないしつけの違いとは!?

  7. 高校生

    中学生と高校生の子育て方法や接し方の違い

  8. 引きこもりとスマホ依存が解決した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP