修学旅行に行きたくない子どものサポート法

修学旅行

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

娘は学校に友達がいないので学校行事はつまらないそうです。学園祭や修学旅行の沖縄に行くのが嫌だと言っています。

毎年10人くらい行かない人もいるし行ってもつまらないので行きたくないそうです。無理に行かせない方が良いでしょうか?

行かない場合の理由は学校にどう言えば良いでしょうか?お返事よろしくお願いします。

子どもが「修学旅行に行きたくない」という悩みです。親としてこういったことを言われたら、どう返したらよいか迷いますよね。

安心してください。今回お伝えする内容を理解していただければ、どのように対応すれば良いのか分かると思います。

その結果、修学旅行がきっかけで親子関係が悪くなることを防ぐことができると思います。

自暴自棄になっている可能性があるので注意

親子

そもそも、なぜ子どもは「修学旅行に行きたくない」と思うのでしょうか?今回の相談者の場合、「友達がいないから行きたくない」と言っています。

実は、子どもが修学旅行に行きたくない理由を言ったとき、その言葉を鵜呑みにしてはいけません。なぜなら、自暴自棄になっている可能性があるからです。

この場合、子どもは親には理由をつけて「行きたくない」と言います。しかし、本心では「行きたい」と思っていることが多いです。

それに対して、お父様お母様が「それなら行かなくていい」と返してしまうと、さらに気持ちが炎上します。こういった対応をすると、将来、修学旅行に行けなかった恨みを親にぶつけてきます。

愛情バロメータも下がるため、さらに大きな問題が発生します。

子どもが「行きたくない」と言ったとしても、ぎりぎりまで待ってあげましょう。

修学旅行直前になると、素直に「行きたい」と言う可能性があるからです。

本心から行きたくない場合は仕方がない

家族旅行

自暴自棄状態で言っているのではなく、本心から行きたくないと思っているパターンもあります。この場合、子どもの気持ちをそのまま受け止めてあげましょう。

修学旅行は、無理に行くものではないからです。ただし、何もないのは可愛そうです。そこで、一つおすすめの方法があります。

修学旅行に行く代わりに、親子で旅行に行くのです。以前テレビで、不登校の子どもとお父さんで自転車旅行をしたという内容が放送されていました。

私自身、これはすごく良い活動だと思います。学校に行けない代わりに、お父様やお母様が一緒に遊んであげるというのはとても良いです。

修学旅行よりも楽しい思い出を一緒に作るという気持ちで、時間を過ごすようにしましょう。

学校に伝える理由は、シンプルでOK

電話

「修学旅行に行かない」というのは、なんだかすごく悪いことをしているような気になるかもしれません。

そのため、病気など嘘をついて休んだ方が良いのかな?と思われるかもしれません。しかし、そういった必要はありません。

学校に、修学旅行を欠席する旨を伝えるときは、「うちの子は乗り気でないので欠席します」というシンプルなもので構いません。

それによって減点されることも、トラブルになることもありません。変に、「お金がないから」「体調が悪いから」などの理由をつけると、学校側も対応をあれこれ思案してしまいます。

真実を伝えるようにしましょう。

本日のまとめ

親子会話

子どもが「修学旅行に行きたくない」と言ったとき、まずはその理由を考えてみましょう。自暴自棄になって言っている場合、本心では行きたいと思っている可能性が高いです。

直前になって急に「やっぱり行く」と言う可能性があるので、ぎりぎりまで待ってあげましょう。本心で行きたくないという場合は、無理に行かせる必要はありません。

修学旅行に行かない代わりに、親子で旅行をして、修学旅行へ行くよりも楽しい思い出を作りましょう。

修学旅行を欠席する理由を学校に伝えるときは、「子どもが乗り気でないので欠席します」というシンプルなものでOKです。

明日ですが、「国語の記述問題の解き方のコツ」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!修学旅行に行きたくない子どものサポート法

関連記事

  1. 暴力

    なぜ暴力でのしつけはダメなのか?

  2. バレンタイン

    バレンタインを子育てに活用できましたか?

  3. 子供の様子

    始業式から1週間は子どもの様子をしっかり見よう

  4. 大学

    道山流!大学入試必勝法

  5. 父親

    子どもをダメにする父親の特徴

  6. カッター

    子どもが自傷行為をするときの対応策

  7. 成績表

    成績を上げることが目的になっていませんか?

  8. ピアノを弾く

    習い事に行きたくないという子どものサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP