新しい習慣を確実に作る方法

習慣

例えばあなたが、
「今日から子どもに対して、
過干渉で接するのはやめよう」
決意したとします。

でも次の日になると、
つい過干渉で接してしまい、
後悔したという経験をしたことは
ないでしょうか?

人間というのは、
習慣を変えるのが本当に苦手なのです。
ただ少し意識を変えるだけで、
習慣を劇的に変える考え方があります。

この方法を使えば、
今あなたがどんな習慣を持っていても、
変えることができると思いますよ!

大きな習慣の変化こそ一番困難な道

小さな習慣
この方法なのですが、
私が発明したのではありません。
こちらの書籍で、
紹介されていた方法になります。

 

>>小さな習慣

 

例えばあなたが子どもに
過干渉で接してしまっているのを
何とかしたいと思っているとします。

 

この時、
いきなり干渉するのをすべてやめる
というのは大きな習慣です。

 

これをしようとすると、
今までやってきた元の習慣が邪魔をして、
なかなか変わることができません。

 

新しい習慣を作るとき、
一番ダメな方法は、
いきなり大きな変化を
しようとしてしまうことなのです。

まずは小さな習慣から始めてみる

勉強しなさい
ではどうしたらよいのかというと、
まずは小さな習慣から、
始めて見るのがおすすめです。

 

子どもにしていた干渉を
全てなくそうとするのではなく、
まずは「勉強しなさい」と言うのを、
1回減らすだけ意識するのです。

 

1日平均5回、
子どもに「勉強しなさい」
と言っていた人が、
それを4回にするだけで良いのです。

 

これなら始められそうではないですか?

 

ポイントは、
とにかく習慣を小さなものにする
ということです。

 

そのほうが、
継続できる可能性が上がるからです。

習慣が人生を変える

ご飯
5回の言葉を4回に変えるだけで
本当に効果あるの?
とあなたは思うかもしれません。

 

実は絶大な効果があります。

 

なぜなら、
毎日の習慣こそが、
人生を決めるといえるからです。

 

ダイエットがわかりやすいのですが、
毎日食べるご飯を半分にするだけでも、
3か月後の体重に大きな変化が生まれます。

 

1日変えただけでは、
変化がないものでも、
毎日続けていくと、
塵も積もれば山となるのです。

本日のまとめ

人生
もしあなたの中に、
何か一つでも変えたいと思っている
悪い習慣があったら、そこに

 

「えっ?こんなんでいいの?」
と思えるくらい小さな変化
作ってみてください。

 

これなら、
誰でも続けていけると思います。
もし不安であれば、

 

小さな習慣という書籍を
読んでみると良いと思います。
>>小さな習慣
継続は力なりです!

 

明日ですが、
「内申点で44を取った成果報告」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 通知表

    IQよりも大切な3つのQ

  2. 友達できない

    友達がなかなかできない場合の考え方

  3. レーシック

    レーシックをしてきました

  4. 人が求めるものは3つしかない!

  5. お父さん

    お父さんの辛い日常

  6. 人気者

    嫌われもの=人気者という真実

  7. 幸せ

    毎日が幸せになるたった一つの考え方

  8. 家事

    続編:お母さんの辛い一日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP