子どもが親に暴言を吐く心理

暴言

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

私立中学3年女子です。半年前から学校に行かなくなり、一日中パジャマでいたり、ウルセー、あっち行けなど、平気で言ってきます。

生まなければ良かったと思ってしまいます。旦那も、毎朝怒りつづけ、疲れています。

友達と遊びに行くときは、お金をくれと言ったりおかしなことばかり、私はストレスのたまる毎日です。

不登校と暴言が重なると、親は不安やイライラでストレスがたまりますよね。とはいえ、このままでは状況は改善はしません。

本日は、子どもが暴言を吐く理由と、暴言をなくすために親ができることをお伝えしていきます。

お伝えしたことを実践できれば、子どもは暴言を吐く必要もなくなり、家族みんな笑顔で過ごせるようになるはずです。

子どもが暴言を吐く心理

落ち込む子供

子どもが暴言を吐くのには、理由があります。今回の相談者さんの場合は、「自分の気持ちをわかってもらえない寂しさ、怒り、辛さ」でしょう。

半年前から不登校とのことで、お子さんは何かしら学校に行きたくない理由があるはずです。子どもが学校に行けなくなった時、どんな対応をしたかわかりません。

ただもし「学校に行きなさい」「なんで学校に行かないんだ!」と言っていたら、子どもは親を頼れなくなるでしょう。

「なんで私の気持ちわかってくれないの?」「また私のことを傷つけてきた」と感じ、親との会話を拒み、暴言を吐くようになるのです。

まずは子どもの気持ちを理解する

謝る

現在お子さんは、相談者の方にイライラしている状態です。そこで、子どもが何に怒っているのか?何が嫌なのか?を理解しましょう。

ただ、今の状態で聞いても、子どもは心を開いてくれません。そこで一旦、子どもをコントロールすることをやめましょう。

そしてとにかく笑顔で、子どもに明るく接してあげることを心がけることが大切です。これを続けていけば、徐々に親に対するイメージが良くなります。

そのタイミングで、「何に怒っているのか?」を聞き、原因が親にあるならしっかりと謝りましょう。

子育ては順序が大切

親子

子どもが学校に行かなかったり、暴言を吐いたりすると、つい注意したくなると思います。ただ、愛情バロメータが低い状態では、子どもは聞いてくれません。

その場合、本当にダメな事(いわゆる、迷傷法)は、注意しないといけません。ただそれ以外のこと(学校に行かないなど)は、言わない方がいいです。

今は我慢して、まずは良好な関係を作りましょう。そのほうが、結果的に早く、言いたいことを言える関係になります。この順序を意識することがポイントです。

本日のまとめ

愛情

子どもは、自分の気持ちをわかってもらえない寂しさ、怒り、辛さから、親に暴言を吐きます。

子どもが何を感じ、どうしたいのかをきちんと理解してあげることが大切です。そのためには、子育ての順序を意識しましょう。

明日ですが、「高校受験で親がやってはいけないサポ-ト法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが親に暴言を吐く心理

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. そろばん

    小学生にやらせてはいけない習いごと

  2. 過保護

    自立が早い子のお母さんがしてしまう大きなミス

  3. 子育て

    イライラしなくなる魔法の子育て法

  4. ゲーム

    ゲームにイライラする子の対処法

  5. 勉強

    不登校回復後の勉強サポート法

  6. 落ち込む

    成績が悪かった時の気持ちに切り替え方

  7. 引っ込み思案

    引っ込み思案な子を改善する方法

  8. ダラダラせずに勉強

    だらだらテレビを見ないで勉強する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP