優柔不断な子供の解決法

優柔不断な子供

nblog1 ← 道山はいま何位?

お父様お母様から良くいただく相談の一つに、
子どもが自分で物事を判断できない、というものがあります。
いわゆる優柔不断な性格を解消したい、という悩みです。

子どもが優柔不断になる原因とは?

お子様ランチ
ではそもそもどうして子どもが、
優柔不断な性格になるのか、
あなたはご存知でしょうか?

 

この原因は、
「小さい頃から親がいろいろ決めてしまった」
からなのです。

 

例えば成績が下がってきたとき、
「最近成績が下がってきたから公文に入れるからね」
と言って、

 

子どもの意志を聞かずに、
決めてしまう子育て続けていくと、
子どもは優柔不断になってしまうわけです。

 

レストランなどに言った時、子どもがお子様ランチにしようか、
お子様ハンバーグにしようか悩んでいる時に、
「前回ハンバーグ残したんだから今回はランチにしなさい」

 

と言って親が決めてしまうことを続けると、
子どもは自分で判断できない子供に育ってしまうのです。

待ってあげることと選択肢を出すことが重要

親子
ではどうしたら良いのかと言うと、
こういった場面で大事なことは、

 
  • 自分で決められるまで待ってあげること
  • 選択肢を出してあげること
の2つになります。
例えば公文の例で言うと、まずは
「最近成績が下がってきているけど、
何かわからないところでも増えてきているの?」
と聞いてあげるわけです。

 

その後で、「じゃあうちの近くに公文があるから、
1回そこの体験に行ってみる?
それかお母さんが家で教えた方が良い?」
という感じで選択肢を出してあげるわけです

 

で、最後は子どもに決めさせるようにすると、
自分で判断するという力が身につきます。

 

ハンバーグとランチの例で言うと、
もし子どもが迷っていたら、
何も言わずに判断できるのを待ってあげるのが大事です。

 

そこでもし子どもが、「どっちにしようか決められない」
とあなたに悩みを相談してきたら、
「前回ハンバーグ残してたから、お母さんなら今回はランチにするかな」
と自分ならこうするかなと言う感じで、アドバイスをしてあげれば良いわけです。

高校受験の志望校も子どもに決めさせる

学校
この原理は、
高校受験の志望校選びでも言えます。

 

仮に子どもが、志望校を決められず悩んでいるとしたら、
親がすべきこと

 
  • 選択肢を出してあげる
  • 決められるまで待ってあげる
の2つなのです。

 

「もうあなたはここに行きなさい!」
と言って親が勝手に決めてしまうのは、
絶対にダメなのです。

 

何においても、最後は子どもに判断させる。
仮にその判断が失敗だったとしても、
それは一つの成長につながる。

 

これを徹底しておくと、
自分の人生は自分で決められる人間に成長できると思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 腕相撲

    酷い負けず嫌いな子への接し方

  2. 親子

    勉強方法以上に親子関係が成績を上げる鍵

  3. 父親

    父親が支配型の場合できることとは?

  4. 暴力

    なぜ暴力でのしつけはダメなのか?

  5. 塾

    なぜ子どもが嫌がる塾に無理矢理行かせるのか?

  6. ビリギャル

    中学生の保護者の方に必ず見ていただきたい映画

  7. 落ち込む

    なぜそこまで勉強にこだわるのか?

  8. 教師

    教師に言えること言えないこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP