近所の子が虐待されている時の対応法

虐待防止

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

娘から聞いたのですが、
どうやら近所の子が
母親から虐待を受けているそうです。

すごく普通の家庭ですが、
父親は子育てに無関心なタイプです。

母親が子どもに死んで欲しいので
自殺してくれ!みたいな暴言をいい、
アザができるほど殴られています。
先生でしたら、どうされますか?

これは大きな問題なので、
相談者の方には、
直接メールで返信しました。

 

虐待というのは、
一歩間違うと命に係わる問題になります。

 

もしあなたの周りに、
虐待を受けている子がいたら、
ぜひこの方法で助けてあげてください。

 

助けられるのは、
あなたしかいないからです。

 

また可能であれば、
この方法を周りのママ友さんにも
シェアしていただけると嬉しく思います。

自分一人で解決するのは絶対NG

電話
虐待の話を聞いたときに、
絶対にやってはいけないことがあります。
それはあなた一人で、
解決しようとすることです。

 

例えばその子の家に行き、
直接相手のお母さんと話をしたり、
その家に電話をかけたりすることです。

 

あなたが専門家であれば、
上記のような対応をしても良いです。
しかしこの対応は一歩間違うと、
状況を悪化させます。

 

あなたが家から帰った後に、
「あなたお母さんのことを、
●●君に言ったんでしょ!」

 

と言ってさらに虐待される
可能性があるからです。

学校の先生に相談するのが最初のステップ

学校
ではどうしたらよいのかというと、
まずは学校の先生に連絡をしてください。
「●●さんの家から、
毎日叫び声が聞こえてくるのですが」

 

とか、

 

「うちの子から、
●●君がお母さんから殴られている
と教えてもらったのですが」
という感じで伝えてください。

 

念のため先生には、
あなたから伝えたことは、
隠すようにしてもらってください。
※あとで恨まれたら良くないからです。

 

ここまで行えば、
あとは学校が児童相談所と連携して、
対応してくれると思います。

何かあったら相談してもダメ

助ける
もし虐待を受けている子が、
たまたまあなたのお子さんと
遊んでいて、ポロっと
虐待のことを話したとします。

 

こういった状況になったら、
「さらに問題が悪化したら、
いつでも相談していいからね」とか、

 

「児童相談所に連絡しなさい」
というような対応は、
できればやめたほうが良いです。

 

なぜなら、
それができないのが子どもだからです。
一人で児童相談所に連絡できるなら、
虐待が始まった時点で電話しています。

 

それができていないから、
今でも虐待を受けているのです。
だからこそあなた自身が、
助けになってあげてほしいのです。

本日のまとめ

地域
今この記事を読んでいるあなたは、
本当に立派な方だと思います。
わざわざ子育てを学ぶために、
時間を割くことができるからです。

 

しかしそういった方というのは、
全人口の5%くらいだと思います。
それ以外の方は、
自分で学ぶ力がありません。

 

だからこそ、
あなたのような、
子育てに熱心な方が、

 

地域の子どもたちを
守ってあげてください。
もちろん最優先は、
あなた自身の子どもです。

 

ただ虐待のような、
大人が関わらないと解決できない
問題が起きた時は、
力になっていただけると嬉しく思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 勉強しない

    仕事から帰ってくると子どもが勉強していない悩み

  2. 内申点

    定期テストを欠席した場合の内申点の付け方

  3. 偏差値

    自分の偏差値を知る方法

  4. 学級崩壊

    学級崩壊してしまった時の対応策

  5. やる気出ない

    子どもが勉強する気にならない時の考え方

  6. 運動の継続

    部活引退後も運動を続けるべきか?

  7. 右脳

    他の子よりも物覚えが悪いときは?

  8. 学校の先生

    小中学校の先生になる具体的なステップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP