お金の使い方に親はどこまで干渉すべきか?

お金

本日は
中学生とその保護者向けに、
「子どものお金の使い方に親はどこまで干渉すべきか?」
というお話をします。

 

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

中1息子がいつの間にか、
タブレットPCを隠れて
購入しているのを見つけ問いただすと、
お年玉で買った、何が悪い?と開き直ります。

 

高価な通信機器を欲しいなら、
親に言って欲しかったと言ったが、
見つけた親が勝手に
部屋に入るのが悪いといいます。

 

お金の使い方が違うんじゃないか
とか高校でタブレットは
買うことになるだろうし、

 

今からは買う時期じゃないと思うと伝えたが、
欲しいものを我慢できない息子に
正直かなしくなりました。

 

うるさいから部屋から出て行け、
もう学校も行かないと言われとても困りました。

 

買ってしまったものは仕方ないから、
その使い方を考えようと伝えましたが、
どう対処したら良いか頭がいたいです。

親は子どものお金の使い方に、
どこまで関与すればよいのか?
私なりの意見をまとめます。

夫婦で予めルールを決めるのが重要

夫婦
そもそも中学生の子のお金の使い方に、
細かいルールはありません。
唯一あるとしたら、

 
  • 法律に触れるものは買ってはダメ
  • 他人と貸し借りをしてはダメ
  • 人のお金を盗んだらダメ
 

の3つだけです。
これらを守れなかったら、
親としてかなり厳しく叱る必要があります。

 

では今回の相談者の方のように、
高額なものを自分のお金で買っても良いか?
ということなのですが、
これは夫婦で話し合って決めるのが大事です。

 

自分のお金で買うならOK
という家庭もあると思いますし、
自分のお金でも買ったらダメ
という家庭もあると思います。

 

どちらが正しいのではなく、
夫婦できちんと話し合い、
ルールとして決めれば良いわけです

親の言うことを聞くかどうかはバロメータ次第

愛情
ただここで大事なのは、
そのルールを子どもが聞くかどうかは、
愛情バロメータ次第ということです。

 

例えば今回の相談者の方の場合、
タブレットを購入したことに触れると、
子どもが反発しています。
これは愛情バロメータが低いからです。

 

愛情バロメータが高い家庭であれば、
  • 購入する前に親に相談をする
  • 買ってしまったら親に謝って次の対策を親子で相談する
のどちらかになります。

 

だから結局のところ、
根本的な原因は、

 
  • ルールがあいまいだった
  • 愛情バロメータが低かった
の2つだけなのです。

 

まずはここを意識して、
  • 今後はきちんとルールを決めるようにする
  • 愛情バロメータを上げるように努力する
の2つを実践することが大事です。

ダメな使い方は理由を伝えるのが大事

叱る
予めルールを決めておく
ということですが、
もし子どもがルールを破った時は、
親としてきちんと指導しましょう。

 

この時に大事なことは、
感情的に叱るのではなく、
冷静になぜダメなのかを伝えることです。

 

感情的に伝えるのは、
叱るではなく怒るです

 

これは親のイライラを
子どもにぶつけているだけで
教育ではありません。

 

なぜそれがダメなのか?
どうしてルールを破ったのか?
今後どうするのが良いのか?
を親子で話し合うようにしてください

本当にダメなことは力で強制してもOK

厳しく叱る
もし今愛情バロメータが低く、
どれだけルールを決めても、
子どもが破ってしまうとします

 

この場合ですが、
  • 法律に触れるものは買ってはダメ
  • 他人と貸し借りをしてはダメ
  • 人のお金を盗んだらダメ
 

に該当しないルールは、
とりあえず目をつぶるのが良いです。
そこでぶつかっても更に愛情バロメータが
さがるだけなので。

 

ただ上記の3つに該当することは、
例え愛情バロメータが急降下しようとも、
厳しく叱る必要があります。

 

ダメなことはダメと伝える。
これも親としての大切な役割になります。

 

明日ですが、
「中学生向け!髪型に気を遣っていますか?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

  1. 親子

    子どもが親に本心を話さない理由

  2. 親子

    なぜ子どもは悩みを話さないのか?

  3. 塾

    塾の進度についていけないときの考え方

  4. 学習塾

    学習塾を変える時期とタイミング

  5. ヘッドフォン

    子どもの勉強環境について親は意見すべきか?

  6. 検定

    道山の英検・漢検・数検に対する考え方

  7. 勉強

    素直じゃない子どもに勉強させる方法

  8. 調べる

    聞く前に調べる癖をつけよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP