素直ではない子供の直し方

素直じゃない子供

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

先生がおっしゃる、
内申をあげるためには、
先生に好かれる!というものが出来なくて

 

いつも先生から素直じゃないとか、
怒られると謝れずにらんでいるとか、
屁理屈を言ってしまう娘が心配です。

 

この先、社会人にいつかなっても、
苦労するだろうなと想像がつきます。
実際に私も娘と話していると正直、
イライラしてしまいます。

 

こういった子供に対しては、
どうやって接していくのが、
良いと思いますか?

素直ではないこというのは、
この先ずっと苦労します。
なぜ苦労するのかというと、
成長スピードが遅いからです。

 

ではそういった子に対して、
私たち大人は、
どう接すればよいのでしょうか?

素直ではない人間が苦労する理由

苦労
せっかくなので、
なぜ素直ではない人ほど苦労するのか
について少しお話しします。

 

例えば私の勉強会に参加される方には、
  • 素直な方
  • 素直ではない方
の2種類がいます。

 

素直な方というのは、
私がこうしてくださいと伝えたら、
その日から早速行動を始めます。

 

するとどうなるかというと、
すぐに結果が出ます。
親子関係の勉強会なら、
子どもが笑顔になるわけです。

 

一方素直でない方は、
「でも私の家は違うし」
「でも時間がなくて」
という言い訳をして、

 

いつまでたっても行動をしません。
その結果、何も変化が起こらないのです。

 

なんでも素直に聞く人ほど、
すぐに結果が出るので
その分成長スピードは早くなります。

道山は素直ではなく頑固者です!笑

頑固者
という感じで、
ここまで素直になることの、
メリットをたくさん書いてきたのですが、

 

何を隠そう、
道山自身はあまり素直ではありません(笑)
正確にいうと、
素直な部分と素直ではない部分があります。

 

では素直ではない部分は、
どうして素直になれないのか?
自分自身を振り返ってみると、
次の2つが原因だとわかります。

その人のことを信じられていない

私は自分が尊敬している方からの
アドバイスというのは、
素直に聞き入れられます。

 

ただ出会って間もない人や、
心の底から尊敬できない人の
アドバイスには素直になれません。

失敗しないとわからない

例えば私の場合、
どこかに旅行に行くとき、
「早めに予約したほうが良いよ」
とよくアドバイスをもらいます。

 

でも予約を忘れていて、
気づいたら直前で宿が取れない!
ということがよくあります。

 

こうなった時初めて、
素直に聞いておけばよかった
と反省します。
失敗したタイミングで学ぶわけです。

素直ではない子にすべき2つの対応

愛情
こういったことを踏まえると、
素直ではない子に対して、
私たち親がすべきことが見えてきます。

愛情バロメータを上げる

人は信頼できる人のアドバイスなら
素直に聞くことができます。

 

今回相談者の方は、
先生から「子供が素直ではない」
と言われているわけですが、
それは子どもが悪いわけではありません。

 

子どもと信頼関係を創れていない
先生が悪いわけです。
今後心の底から信頼できる先生が
現れれば素直に聞けるようになります。

 

また親の話を聞かないなら、
まずは愛情バロメータを上げて、
信頼関係を構築してください。

一度失敗させる

いくら信頼関係ができていても、
言うことを聞かない子はいます。
この場合は私と同じで、
一度失敗させるとよいです。

 

人は失敗したタイミングで学びます。
親のアドバイスが正しいとわかれば、
次からは素直に聞けるように
なるわけです。

 

まずはこの2つを意識して、
子どもに向き合ってみてください。

 

明日ですが、
「1月1日は1年間の目標を決めよう!」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

  1. 口臭対策

    口臭を一気に解消する2つの対策法

  2. 休憩

    テスト勉強の合間にすべき休憩方法

  3. 学生恋愛

    男子校女子校の場合の恋愛方法

  4. 非行

    高校生で激しい非行に走ってしまった時は?

  5. 勉強時間

    1日にすべき勉強時間とは?

  6. 将来の夢

    子どもに必要な力を見極める方法

  7. 親子会話

    子どもが求めていない親の会話

  8. 食卓を囲む

    過干渉の親がしがちな3つの声掛けの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP