長時間勉強できない子どものサポート法

勉強できない

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中学一年の子供の親です。毎日勉強はするのですが、短時間で終わってしまい、すぐゲームにはしります。短時間20分でも頭に入るのでしょうか?

私の元には、「集中力が続きません」とか「長時間勉強できません」という悩みがたくさん寄せられます。

そこで本日は、集中力が続かない子どもに対して、私がどのようなアドバイスをしているか解説します。

今回の相談者さんが言う「20分」は非常に短い時間に感じますが、たとえ20分でもやり方次第で成績は上がります。

記事の内容をしっかり理解していただければ、あなたのお子さんが今、長時間勉強できなかったとしても、成績は上がっていくと思います。ぜひ参考にしてみてください。

長時間勉強しようとする考え自体が間違い

勉強できない

仮にあなたのお子さんが、1回の勉強を3時間やっているとします。もし、3時間続けてやっているとしたら、勉強効率は下がっている可能性があります。

人間の集中力は、1回に45分くらいしか続きません。どんなに優秀な人であっても、45分です。

大人になればもっと長時間集中できるとも言われていますが、私自身の経験からだと、45分を過ぎると自然と集中力が落ちてくる感覚があります。

小中高生なら、どんなに頑張っても45分が限界です。闇雲に長時間やろうとしないことが大事なのです。

20分しかできないなら、20分×2セットにする

タイマー

もしお子さんが20分しか集中できないなら、20分の勉強を1セットと考え、セット数を増やすようにしましょう。まずは20分×2セットから始めてみてください。

勉強量は、合計時間で決まります。20分を2回やれば、40分勉強できます。これは、30分を1回やった子よりも多く勉強しているので、その分成績が上がります。

休憩を取りたい場合は、20分勉強してから20分ゲームをするという風にメリハリをつけて対応します。

1時間勉強したければ、これを3回繰り返せば良いのです。こうのように、セット数を増やす形で、少しずつ勉強量を増やしていきましょう。

1回勉強して終わりという場合、やる気が原因

やる気

20分の勉強を1セットしかできないという場合は、集中力が続かないことが原因ではありません。やる気がないのが問題です。

この場合は、定期テスト前に動機付けをしてみましょう。動機付けが成功すると、勉強へのやる気が大きく上がります!

すると子どもは勝手に勉強を頑張るようになるため、自然と勉強量が増えるのです。

なお動機付けに関する詳しい方法は、私が配信している「7日間で成績UP無料講座」で詳しくお伝えしています。

>>7日間で成績UP無料講座

もしまだ読まれていなければ、こちらを参考にしてお子さんの勉強に対するやる気をUPさせてみてください。

本日のまとめ

勉強

人間の集中力は、最大でも45分くらいしか続きません。(私の感覚です)そこで、無理に勉強時間を増やさないようにするのが大事です。

たとえ20分しか集中力が持たないのなら、20分の勉強を1セットとして、セット数を増やすようにしてみましょう。

20分の勉強を2回やれば、合計40分勉強できます。勉強量というのは、合計時間で決まるので、回数を増やすことができればその分成績は上がります。

休憩を取る場合は、20分勉強してから20分ゲームをするという風にすると、メリハリがつきます。ゲームをするために勉強を頑張ることができるのでおすすめです。

明日ですが、「小学生から塾は必要か?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!長時間勉強できない子どものサポート法

 

関連記事

  1. 学校

    中学生向け!学校に行けない悩みの解決策

  2. スマホ

    ゲームやスマホは子どもに与えるべきか?

  3. 勉強しても成績が上がらない時の解決ステップ

  4. 道山ケイ

    道山はなぜ今の活動をしているのか?

  5. 勉強効率を上げるテクニック<<一瞬で2倍?>>

  6. 徹夜

    テスト勉強は徹夜でやるべきか?

  7. 校舎

    志望校に落ちたら就職するという子の心理

  8. 悩む

    気が合わない友達との付き合い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP