大学の学費を払えない場合の対処法

学費

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

息子が大学進学で、地方大学も視野にいれているようで、正直戸惑っています。息子は家にいるのが息苦しいと言います。

理系希望ですが、国公立は難しく、私大となると学費と下宿代で破産します。自宅から通える範囲であれば、何とか行かせることはできます。

このような場合でも、自立のために息子の思うようにさせるのがいいですか?

大学進学は高校と違って、学費や下宿代といった家計の負担が大きくなります。とはいえ、子どもの進路はできるだけ叶えてあげたいですよね。

そこで本日は、子どもの夢を応援しつつ、破産しないために親がやるべきことをお伝えします。

ここができていれば、大学選びで失敗することもなく、受験勉強も頑張ることができるようになるはずです。

親ができるサポートを伝えよう

サポート

はじめに、親は何でもかんでもサポートできるわけではありません。そのことを、ハッキリと子どもに伝えることが大切です。今回の相談者さんの場合、

「あなたが行きたいなら応援するよ。でも経済的な問題もあるから、私大の学費は負担するけど下宿代は自分でバイトをしてまかなってね」

というように伝えましょう。子どもがそれでも下宿したいのであれば、入学後も学校生活とバイトを頑張ることができるはずです。

さらに「国公立なら費用の負担が抑えられるから、学費も下宿代もサポートするよ」「家から通える私大なら、バイト頑張らなくても済むよ」など、

親ができることを伝えましょう。その上で、どの道を選ぶかは本人に任せるといいでしょう。

奨学金は返済の厳しさを伝える

返済

学費の負担を減らすために「奨学金」を思い浮かべる方も多いと思います。

奨学金には、学力が高い場合に利用できる返済不要のものもあります。ただ通常は、就職してから返済が必要です。

この場合「〇〇円借りると、毎月〇円を〇歳まで支払わなければいけない。それでもいい?」と、

その後の返済が長期に及ぶことまで伝えることが必要でしょう。高3にもなれば、自分で考えて決断することができます。

浪人して国公立を狙ったり、寮のある学校に入る、親戚の家から通うなどの選択肢も伝えてあげるといいでしょう。

自宅が息苦しい状態を解決しよう

親子会話

今回の相談で気になったことがあります。「子どもが家から出たいと思う理由」です。

たとえば、過干渉や厳しすぎるルールによって家にいたくないのであれば、そこを改善しないといけません。

「家を出たいから」という理由で遠方の大学を目指すのは、行きたい本当の理由にはならないからです。

子どもにとって居心地のいい家になれば、自宅から通える大学を視野にいれることもできるでしょう。

すると本当に行きたい進路を考えることができるので、将来の人生が楽しくなるはずです。

本日のまとめ

受験勉強

大学進学は、学費や下宿代といった家計の負担が大きくなります。親が支援できること、できないことをハッキリと子どもに伝えましょう。

その上で、どの道を選ぶかは本人に委ねましょう。「家を出たい」という理由だけで遠方の大学を選ぶのは、行きたい本当の理由にはなりません。

明日ですが、「高校受験やる気UP勉強会2022を行いました」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!大学の学費を払えない場合の対処法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強

    左脳と右脳を活用して勉強しよう

  2. 考える

    N高校ってどうなの?

  3. 受験

    受験直前で成績が上がらない時は?

  4. 子供の恋愛

    親は子供の恋愛にどれだけか関わるべきか

  5. 中学生

    子どもが「高校には行かない」と言ったら?

  6. スマホ

    これって、スマホゲーム依存症?

  7. 起立性調節障害

    起立性調節障害の症状と治し方

  8. 友達から悪口を言われるときの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP