ひどい反抗期に親はどう対応する?

反抗期

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

気に入らないことがあると反抗的な態度で包丁等を持ち出し「自分は死んだ方が良い」と言います。中学生になってから3回あります。

SNSで知りあった人と交流したり、他校の年上の人と交流していたり。嘘をつくのでどこまでが本当なのかよくわかりません。

6年までは普通の子どもだったのにどうしてこんなにも変わってしまったのか、とまどうばかりです。

中学生になったタイミングで、子どもが別人のように変わってしまうことって少なくありません。親として、戸惑うのは当然でしょう。

でも、大丈夫です。子育ての力で、子どもが悪い方向に向かわないよう、予防や改善をすることはできます。

本日お伝えするサポート法を意識すれば、親子関係は改善し、反抗も落ち着くでしょう。子育ての不安も、軽減されるはずです。

考えられる2つの原因

叱る

今回のようなひどい反抗は、色々な原因が考えられます。本日はその中から、考えられる2つの原因をお伝えします。

1つ目は、「人格を否定している言葉を使っている」です。たとえば「あなたは本当にバカね」「何でこんなこともわからないの?」などです。

このような叱り方をしていると、子どもは親から愛されていないと感じ、自暴自棄になってしまいます。

2つ目は、「条件付けの愛ばかりになっている」です。「〇〇したらご飯作ってあげる」などの条件付けは、多くの方がされていると思います。

これが悪いわけではありません。状況によっては必要です。しかし、使いすぎると子どもは愛情を感じにくくなってしまいます。

子どもが何を求めているか考えよう

夫婦喧嘩

今回の相談者さんの場合、お子さんの愛情バロメータが下がっている可能性が高いです。そこで、子どもが何を求めているかを考えましょう。

たとえば多くの子は、安心して過ごせる家庭環境を求めています。そのため、夫婦喧嘩を子どもの前でやらないようにしたり、家で使う言葉をポジティブにしたりしましょう。

また、自分の要求(甘え)を聞いてもらえると、子どもは安心します。年齢的によくある要求は、出来る限り聞いてあげましょう。

すると愛情バロメータが上がり、未来に希望を持つことができます。ひどい反抗も減っていくでしょう。

自暴自棄になったときの対処法

泣く

「自分は死んだ方がいい」という発言は、「こう言ったら親は否定してくれるはず」「きっと自分の方を振り向いてくれるはず」という期待から言っています。

そのため「そんなこと言われたら悲しい、やめてほしい」というように、子どもの気持ちに応えてあげることが大切です。

人格を否定する言葉を言ってしまったのなら「あなたのことを傷つけちゃってごめんなさい、もう言わないようにするね」と謝罪も必要でしょう。

ただし、包丁を持ち出すのは、人を傷つける恐れのある危険な行動です。落ち着いたタイミングで、しっかりとやめるよう伝えることが大切です。

本日のまとめ

愛情

人格を否定する叱り方をしていたり、条件付けの愛情ばかりになっていたりすると、愛情バロメータが下がります。

悪化すると自暴自棄になったり、ひどい反抗期につながったりします。子どもの求めることをして、無条件で愛情を伝えていきましょう。

明日ですが、「子どもへの声かけは言い換えで上手くいく」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!ひどい反抗期に親はどう対応する?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. うたたね

    なぜ怠け者ママの子どもは優秀なのか?

  2. 悩む高校生

    クラスに馴染めず悩むわが子に親ができること

  3. 教室

    学校が怖い不登校の解決法

  4. 中学生

    子どもの長所を見つけるヒント

  5. 修学旅行

    修学旅行に行きたくない子どものサポート法

  6. 食事

    親子関係が一気に良くなる!最強の習慣とは!?

  7. ゲーム

    フォートナイトをすると子どもは荒れるのか?

  8. イライラする

    ADHDの子にイライラするときは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP