子どもの暴言をやめさせる声かけ法

暴言

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

シングル母親です。実家で母親と三人で暮らしてましたが、先月からアパートで2人暮らし。

4月スマホ持たせたあたりからルールを破り、注意すると怒り「クソが!きもい!」と言うように。

「車に傘忘れた、取ってきて!」と言われ、自分で取りに行きなさい」と言うと、時間無いやろ!というので、逆らわず取りに行きました。

昨夜はスマホ使用時間超えたことを注意したら、クソがと私の悪口連発です。

子どもから暴言ばかり吐かれると、親として悲しくなりますよね。しかし子どもが暴言を吐く場合、なにか理由があります。

これがわかれば、子どもは暴言を吐く必要がなくなり、良好な親子関係を築くことができるでしょう。

そこで本日は、暴言を吐く理由と対処法について解説します。参考にしていただければ幸いです。

なぜ子どもは暴言を吐くのか?

叱る

実はスマホを持たせたからといって、暴言を吐くようになるわけではありません。スマホを持っていても、暴言を吐かない子もいるからです。

つまり、暴言を吐くようになった理由はスマホ以外にあります。今回の相談者さんの場合、考えられる原因は2つです。

1つ目は、理不尽な叱り方です。親が勝手にルールを決めていたり、上から目線な叱り方をすると、子どもは反抗します。

2つ目は、親子関係の悪化です。親子関係が良くないと、子どもは親へ反発するようになるからです。この2つを改善していけば、暴言はなくなります。

子どもが親に求めていることは?

親子会話

まずは、親子関係を良好にしていきましょう。そのためには「子どもが親に何を求めているか」を考えることが大切です。

今回の場合、子どもは家庭環境の変化から「寂しい」気持ちになっていると考えられます。つまり、母親と楽しく会話ができる、明るい家庭を望んでいるでしょう。

帰宅してすぐに「いつまでスマホやってんの」と叱るのは、子どもが望んでいることではありません。子どもが楽しいと思える会話をすることが大切です。

良好な親子関係ができたら、子ども本人が納得できるスマホのルールを作りましょう。しっかり話し合って決めることが大切です。

暴言には毅然とした対応を

バツ

今回の相談者さんのお子さんは、親に暴言を吐いています。これは許してはいけません。

ただ、理不尽な叱り方ををすると、子どもは反発します。たとえばいきなり「スマホやめなさい」だと、子どもは反発します。

そうではなく、たとえば「そろそろ寝なよ」「あとどれくらいでやめられる?」といった声かけに変えてみましょう。これで、かなり暴言が減ると思います。

それでも暴言が続くなら「そういう言い方をされたら、お母さんは悲しいからやめて」と、冷静に伝えましょう。ここは毅然とした対応をすることが大切です。

ここでもし子どもがさらに暴れるなら、児童相談所や警察などに相談しましょう。ダメな事はダメだと伝えることも、愛情です。

本日のまとめ

愛情

理不尽な叱り方をしていたり、親子関係が良くなかったりすると、ひどい反抗や暴言につながります。

まずは子どもが何を求めているかを理解し、できる限り応じてあげましょう。ただ、暴言には毅然とした対応をすることが大切です。

明日ですが、「不登校から高校受験が成功した成果報告」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもの暴言をやめさせる声かけ法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. お金を盗む

    子どもが友だちの財布からお金を盗んだら?

  2. 家

    自宅でできる愛情バロメータUP法

  3. 成果報告

    子どもが約束を守れるようになった成果報告

  4. スマホゲーム

    授業中ゲームをする子どもの対応法

  5. ふるさと納税

    ふるさと納税で親子関係を良好にする方法

  6. 親に相談

    子どもが親に相談しようとしない理由とは?

  7. まずはオール2を目指そう!

  8. 中学生

    子どもの長所を見つけるヒント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP