息子が怖い悩みの解決法

思春期男子

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

19歳の息子のゲーム依存について。昼夜逆転しオンラインゲームで夜中に大声をだし注意するとキレます。

高校も辞めて通信に変えたがなかなか理由を付けて行かない。挙げ句のはてにタバコを私を脅して買わせてきます。旦那は見て見ぬふり。

自分で条件出して最後、最後だからと言って買わせます。息子に恐怖を感じ、毎日家に帰るのもイヤです。どうしたらよいでしょうか。

お子さんが高校生にもなれば、体も大きくなると思います。特に男の子だと「暴れたとき手がつけられない」「怖い」と思ってしまうお母さんも多いでしょう。

そこで今回は、子どもが怖いとき、どのように対応していけば良いかをお伝えします。同じような悩みがある場合、この方法ですぐに解消できるでしょう。

その結果、今よりもっとコミュニケーションができる良好な親子関係を築けるようになるので、毎日の子育てが楽しくなるはずです。

愛情バロメータを上げれば解決できる

家庭内暴力

子どもがイライラしたり、暴れている場合、通常は愛情バロメータを上げれば解決できます。しかし、その方法が使えるのはせいぜい中学生までです。

なぜなら子どもが高校生以上になると、子どもへの恐怖心大きくなるからです。今回の相談者さんも、このケースだと思います。

親がどれだけ子どもの要求を聞いたり、過干渉をやめるなどの対応をしても、それを行動に移すときに恐怖心が表情に出てしまうと子どもに伝わります。

すると、「俺のにビビッてんのか?」「変に気遣ってんじゃねーよ」と、子どもはさらに調子に乗ります。結果的に、愛情バロメータが上がらなくなってしまうのです。

家族の力を借りよう

父と母と息子

では、この場合、どのように解決すればいいのでしょうか。おすすめの方法は、家族の力を借りることが大事です。お母さんが、子どもが暴れたとき怖くて対応できないなら、お父さんに丸投げしましょう。

お父さんなら、子どもが暴れても力で対応できるからです。もしお父さんが協力的ではなかったり、母子家庭だったりする場合は、親戚の力を借りるのも良いでしょう。

また、学校の先生を頼ってみるのもありです。家族でなんとかできないのなら、外部の力を借りましょう。

母親が恐怖心を抑えながら、一人で無理して子どもの対応をし続ける必要はありません。

家族、親戚、学校が非協力的の時は?

相談する

もし、家族、親戚、学校、全てが非協力的なときは、第三者機関に頼りましょう。

第三者機関と言っても2つあります。1つは行政、もう1つは民間です。行政は、国や都道府県のことで、市役所に相談に行く形になります。

無料で相談に乗ってくれるメリットがある一方、義務教育の範囲内である中学生までしかサポートしてくれないところもあります。

この場合は、民間の機関に相談するのがおすすめです。たとえば、全寮制フリースクールなどです。

こういった機関にに3ヶ月ほど子どもを預ければ、親子ともに気持ちがリフレッシュします。いい形で、再スタートが切れるでしょう。

なお、全寮制フリースクールには、良いところもあれば悪質なところもあります。

現状、私が一番おすすめできるのは、伊藤幸弘塾です。以下のページに紹介をまとめてあるので、気になる場合はチェックしていただければと思います。

>>伊藤幸弘塾に入れると子供は変わるのか?

本日のまとめ

助けて

子どもが高校生になって暴れると「怖い」と感じるお母さんは少なくありません。恐怖心が大きいと、愛情バロメータだけでは対応できないこともあります。

お母さんだけでどうにもならないなら、まずはお父さんに丸投げしましょう。次に、親戚、学校の先生に頼ってみましょう。それでもダメなら、第三者機関に頼ればいいです。

市役所に相談に行くか、民間の全寮制フリースクールがおすすめです。市役所だと中学生までしかサポートしてくれないことがあります。

一方、全寮制フリースクールは、悪質なところもあります。現状、私が一番おすすめできるのは、伊藤幸弘塾です。

一人で悩まず、第三者の力を借りて進めていきましょう。

明日ですが、「中学生向け!短時間睡眠はアリ?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!息子が怖い悩みの解決法

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 大学

    道山流!大学入試必勝法

  2. 高級ホテル

    質の良い空間に子どもを連れて行こう

  3. 部活

    部活動顧問のパワハラ問題対処法

  4. 謝る

    過去の失敗を子どもに謝るのはアリ?

  5. 受験

    志望校を下げる判断基準とは?

  6. テレビ

    アニメ中毒の子供の人生サポート法

  7. 東大

    子どもを東大に入れる子育て法

  8. 親子

    子育てが楽しくなる魔法の考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP