元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子供部屋

 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で一部内容を変更しております。

道山先生こんにちは。
うちには3人子どもがいます。
今、勉強部屋は2つありますが、
弟妹がおもちゃも置いてしまいます。

中2の長女は来年受験です。
※ケイ先生のメルマガのおかげで、
やる気が出てきました!

せっかくやる気が出てきたのに、
ADHD(不注意)の少し騒がしい次女の影響が心配です。

そろそろ、
長男だけの部屋(ベッドや箪笥を置いたりの)
って作った方がよいでしょうか?

子ども部屋、勉強部屋の作り方のアドバイスお願いします。

中学生になったら勉強部屋を作ろう

子供部屋
まず大前提として、
子どもが中学生になったら、
最低限の勉強できるスペース
自宅に確保してあげた方が良いです。

 

これは冷静に考えるとわかると思うのですが、
もしあなたが自宅で勉強するときに、
周りがとてもうるさかったら・・・
あなたは冷静に勉強できますか?

 

おそらく無理だと思います。
人間にとって環境と言うのはとても大事です。

 

勉強するのが当たり前という環境で育った子は、
当たり前に勉強をします。
勉強よりも遊びの方が大事という環境で育った子は、
勉強をさぼって遊びに行きます。

 

当たり前のことです。
ですので、
「受験生だから勉強部屋を作る」と考えるのではなく、

 

「中学生になったから勉強部屋を作る」
という考え方にしてみてください。

勉強部屋の作り方

テレビゲーム
ではどういった意識で、
勉強部屋を作っていったらよいのか?
多くの方の場合、
勉強部屋=子供部屋になると思います。

 

当たり前の話ですが、子供部屋に
  • ゲーム
  • テレビ
  • マンが
などがおいてあったら、
子どもは部屋に引きこもってゲームをします。

 

だから子供部屋に、
上記のような娯楽を置くことは、
中学生の時点ではやめた方が良いです。

 

基本的にこういった娯楽は、リビングにおいてください。
で、家族で一緒にゲームをしたり
親子で同じ漫画を読んで共通の話題を作る
という認識にするのが良いです。

 

子供部屋に置くべきもの

エアウィーブ
じゃあ子供部屋には何を置いたら良いのか?
非常に単純なのですが、
  • ベッド(できるだけ良いもの)
  • 机(椅子は良いものを買う)
  • 服やカバンなど
  • 空気清浄機や加湿器
だけで良いです。

 

ベッドや空気清浄機は睡眠の質に大きく影響します。
お金との相談にはなるのですが、
できるだけ良質なもの置いた方が、良いと思います。

 

また椅子も同じで、
長時間座っていても疲れない椅子がおすすめです。

子供部屋を作るときの注意点

子供部屋
最後に一つ大事なことを言います。
子供部屋を作ったとたんに、
子どもが部屋に引きこもることがあります。

 

こういったことが起こると多くの方は、
「子供部屋を作ったら子どもが引きこもった!」
と思ってしまいます。

 

しかしこれは間違っています。
子供部屋があるから子どもは引きこもるのではなく、
親子関係が良好ではないから、
子どもは部屋に引きこもるのです。

 

逆に言うと、
「せっかく子供部屋を作ったのに、子どもはリビングで
ずっと勉強をしている」という家庭も多いです。
はこれはとても素晴らしいことです

 

親子関係が良好だからこそ、
親と一緒の空間にいたいと感じるのです。
この場合子供部屋を作ったのは無駄だった
と感じてしまうかもしれませんが、これも大きな勘違いです

 

タイミングが来たら、
子どもはきちんと部屋で勉強するようになります。
子供部屋を作るときは参考にしてみてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ