元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子どもが求めていない親の会話

親子会話

nblog1

↑ 道山はいま何位?

先日中学生本人から、
こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

私は中学1年生なのですが、
親の体験談が、
自慢話にしか聞こえないです。
どうすれば良いですか。

たった4行の質問なのですが、
ここに子どもが嫌がっている
親の会話方法が書いてあります。

それは何かというと、

  • 自分の経験談
  • 自分の自慢話
の2つになります。

過去の体験談を語らないようにしよう

父親
私自身も
結構やってしまうミスなのですが、
人間(特に男性)は、

 

友達、恋人、家族、子どもに
話をされると、
ついそれにアドバイスをしようと
してしまいます。

 

その結果、

 
  • 自分が中学生だった時は、、、
  • 俺の場合は、、、
 

という感じで体験談を話してしまいます。
でもこれは大きな間違いです。

 

なぜなら相手の人は、
あなたの過去の体験談を聞きたくて、
話しかけているわけではないからです。

自慢話をするのではなく背中で語ろう

父親の背中
また子どもと話をしている時、
「俺が中学生だった頃は、
テストで毎回80点以上は取っていたぞ」
という感じで、

 

つい自慢話をしてしまうことがあります。
これも聞いている相手を
不愉快にさせる話です。

 

特に相手が子どもだと、
過去の自分の武勇伝などを、
語ってしまいがちになるのですが、
これは絶対にやめた方が良いです。


 

親は子どもに、
過去の武勇伝を語るのではなく、
今の現状の頑張りや努力を、
背中で語ってあげてください。

 

今毎日仕事で頑張っているなら、
その姿を見せれば、
子供は将来お父さんのように、
仕事を頑張る人間になりたいと思います。

 

昔は頑張っていたという話を
テレビを見ながら語っても、
子どもの心には響かないのです

もし親がウザイ会話をして来たら?

嫌がる
もしこの文章を読んでいるあなたが、
中学生本人だとして、

 

親があなたに自慢話や体験談を
語ってきて嫌な思いをしたとしたら、
それを素直に伝えるようにしましょう

 

お父さん!私はお父さんの
過去の自慢話が聞きたいんじゃなくて、
ただ自分の話を聞いてもらいたいだけだよ。

 

真剣に伝えれば、
あなたのお父さんお母さんなら、
わかってくれるはずです。

 

親も悪気があって、
自慢話や体験談を
話しているわけではないので、
冷静に伝えればわかってくれるかと思います。

 

またこの記事を読んでいるあなたが、
お父さんお母さんという立場であれば、

 

今後は自慢話や体験談ではなく、
子どもの話を聞いてあげるように意識すると
良いのかなと思います。

 

明日ですが、
「道山流で成績が上がらない一番の理由」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報