子どもを伸ばす親と潰す親3つの違い

褒める

親であれば誰でも、子どもの成績や能力を伸ばしてあげたいですよね。しかし、その気持ちが強ければ強いほど、逆に潰してしまうこともあります。

そこで本日は、「子どもを伸ばす親と潰す親の違い」を3つお伝えしましょう。

ささいな違いで、子どもの受け取り方は変わり、その後の行動が変わってきます。日頃から意識することで、努力ができる子になるはずです。

違い1.親の声のかけ方

ハイタッチ

伸ばす親は、長所を褒めます。(例:「〇〇は本当に運動神経がいいね」「○○は本当に優しいね」)

潰す親は、短所を叱ります。(例:「○○はなんでこんなに勉強できないの」「何でこんなに点数が悪いの」)

誰だって、長所も短所も持っていて当然です。ただし、どちらに焦点を当てるかで、子どもの受け取り方は大きく異なります。

長所に目を向けると、褒められて自己肯定感が上がります。すると、もっと努力して長所を伸ばすことができるでしょう。

短所に目を向けると、自己肯定感が下がります。「自分は勉強ができないダメな人間だから仕方ない」と考え、他の分野も努力できなくなるでしょう。

つまり、子どものいいところに目を向けて、声かけをしていくことが大切です。

違い2.叱り方

叱る

伸ばす親は、行動を叱ります。(例:「人をいじめるのは絶対に許さない」「次宿題忘れたら、ゲームは禁止だよ」)

潰す親は、人格を否定します。(例:「お前は本当にクズだな」「何度言ったらわかるんだ、このバカ」)

人格を否定する叱り方をすると、子どもの自己肯定感は下がっていくでしょう。自分を守るために、否定してくる親に手を出したり、わざと問題行動を起こすようになったりもします。

そのため、叱るときには人格ではなく行動を注意するようにしましょう。最初から、完璧な行動ができる子はいません。

叱ったり、改善を促したりしながら、一緒にできるようにサポートするのが子育てです。

違い3.褒める基準

褒める

伸ばす親は、褒める基準が低いです。(例:「前回より5点も上がってすごいじゃん」「10分でも勉強できたらすごいことだよ」)

潰す親は、基準が高いです。(例:「たった5点しか上がってないじゃないか」「なんで10分しかできないんだ」)

このように親の基準によって、かける言葉は変わります。この基準は下げて、たくさん褒めるようにしましょう。

小さな努力や成功を褒められるからこそ、次はもっと頑張ろうと思えるのが子どもだからです。今子どもが頑張っていることを見つけて、認めてあげましょう。

本日のまとめ

親子

子どもの長所を褒める親、子どもが悪いことをしたときに人格ではなく行動を叱る親、褒める基準が低い親。これらに当てはまる親は、子どもの能力を伸ばすことができます。

子どもは自己肯定感が上がり、「自分はデキる人間だ」と思うことで、ますます自信を持って努力することができるようになるはずです。

明日ですが、「国語の点数を上げる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもを伸ばす親と潰す親3つの違い

関連記事

  1. 子育て

    子育てが成功する一呼吸戦略

  2. 褒める

    学力以外で子どもを評価しよう

  3. 親子

    反抗的な子どもへのNG対応法3選

  4. 中学生

    毎日楽しくない子に親ができる2つのこと

  5. 反抗期

    ひどい反抗期に親はどう対応する?

  6. 教師

    教師に言えること言えないこと

  7. 反抗期

    激しい反抗期の子どもへの対応法

  8. 富岡製糸場

    公教育の役割は産業の効率化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP