嘘をつかない子どもに育てる方法

嘘

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

道山先生、
いつもありがとうございます。
中2の女子の母です。

自分の都合の良いように
ウソをつくのですが、
どうしたら良いでしょうか?
また、ウソつきは治りますでしょうか?

子どもが嘘をつくのには、
2つの理由があります。
その理由をなくすための接し方をすれば、
3か月後にはうそをつかなくなります。

社会人になってから、
子どもが嘘つきで嫌われる前に、
接し方を変えていきましょう。

子どもが嘘をつく2つの理由

叱る
そもそもどうして子どもは、
親に対してうそをつくのでしょうか。
理由は主に2つあります。

自分を守るため

例えば子どもがガラスを割ったことを、
正直に親に告げたとします。
その時に親から激しく叱られたら、
子どもはどのように感じるでしょうか。

 

悪いことをしたときに、
お母さんに正直に話したら叱られる。
それくらいなら嘘をついてでも
自分を守ったほうが良い。

 

と感じるのではないでしょうか。
つまり親に正直に話すたびに
子どもが傷つけられてきたために、
嘘をついて自分を守るようになったのです。

嘘は良いことだと勘違いしているため

もう一つは、
親が子どもに嘘をついている
パターンです。

 

これをすると子どもは、
お母さんだって嘘をつく。
つまり嘘は悪いことではないんだ。
と感じます。

 

だから子供も真似して、
嘘をつくようになるのです。

叱り方を変えるのが最初の解決策

叱る
この2つの理由をなくせば、
子どもは親に嘘をつかなくなります。
まず子どもが悪いことをしたときに、
叱り方を変えましょう。

 

例えば子どもが、
学校で遊んでいた時に、
ガラスを割ったとします。

 

この時に、
「なんでお前はこんなこともわからないんだ」
という叱り方をしたら子どもは傷付きます。

 

自分自身が否定されるからです。
そうではなくきちんと理由を聞いて、
どういう行動が良くなかったかを
冷静に伝えるのが良いです。

 

これだと、
子どもを否定するのではなく、
子どもの行動を叱ることになるので、
子どもも受け入れられます。

嘘をつかず誠意をもって付き合う

パチンコ
もう一つは、
子どもに親が嘘をつかないことです。

 

「うちはお金がないから」
という理由で子どもの要求を断った後で、
好きなバッグを買ったり、
パチンコにお金を使わないということです。

 

もちろん親として、
つかなければならない嘘も、
あると思います。

 

ただそれは、
ばれた時に子どもが納得できるもの
だけにしておくことが大事です。

 

それを超える嘘は、
子どもに嘘をつかせる要因になるので
注意が必要です。

本日のまとめ

社会人
子どもが嘘をつく原因は、
  • 自分を守るため
  • 嘘は良いことだと勘違いしているため
のどちらかです。

 

その2つが解決できるように、
接し方を少しだけ工夫してみてください。
3か月後には、
お子さんのウソも軽減すると思いますよ。

 

社会人になってからも
平気でうそをつく人間になると、
後で苦労してしまいます。

 

早めに改善できるように
サポートしてあげてくださいね。

 

明日ですが、
「親として繰り返し読むべき3つの書籍」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 新しいこと

    新しいことor同じことどちらが大事?

  2. 受験

    公立高校のあとわずかの時の学習法

  3. テレビゲーム

    中学生向け!ゲームをやめる方法

  4. 価値観を変える

    価値観を変えなきゃ結果は変わらない

  5. 成績表

    成績を上げることが目的になっていませんか?

  6. 子供

    子どもをコントロールする極意

  7. 高級ホテル

    質の良い空間に子どもを連れて行こう

  8. 縮毛矯正

    縮毛矯正は校則違反?注意されたときにすべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP