体が動かない不登校の解決ステップ

朝

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中学1年の娘ですが、学校に行く気持ちはあるが、身体が行けないと言って、朝になると学校に行きません。甘えもあるようですが、どうすれば良いかアドバイスお願いします。

非常にシンプルな相談なので、様々なケースを考えて、解決ステップを解説したいと思います。

愛情バロメータのレベルをチェック

愛情

最初にやるべきことは、愛情バロメータのレベルをチェックするということです。いつも伝えていることですが、不登校の本当の原因は、愛情バロメータが下がっていることです。

まずはここをチェックします。チェック項目についてですが、
  • 子どもが自分の部屋に引きこもっていないか
  • 子どもから親に話をしてくるか
の2つをチェックします。部屋に引きこもっておらず、親に対して話をしてくる状態なら、愛情バロメータは高いです。

もし部屋に引きこもり、親とも話そうとしないなら、まずは愛情バロメータを上げることが、解決への第一歩になります。

※愛情バロメータを上げる方法については、こちらのメール講座で解説しています。

>>思春期の子育てメール講座

学校に行きたくない原因をチェック

学校

次にチェックすべきは、学校に行きたくない理由です。朝起きられない原因の多くは、精神的なストレスです。そのストレスは、学校でのトラブルから来ています。
  • 先生と対立している
  • 友達と喧嘩した
  • 授業中座っていられない
原因はいろいろありますが、なぜ学校に行きたくないのか、本当の原因をチェックする必要があります。

その問題の解決が今の学校でできるなら、先生にお願いすればよいですし、今の学校では無理なら、転校やフリースクールに通うことが解決策になります。

精神科医に相談してみる

薬

基本的には上記の2つだけで、朝体が動かない問題は解決できます。朝体が動かない原因は、発達障害だと考えらえる方が多いです。

しかし親子関係と学校でのトラブルが原因であることがほとんどです。だからその2つを解決できれば、朝きちんと起きられるようになります。

ただまれに体のトラブルで、起きられなくなるケースもあります。この場合は、精神科医に相談して、を出してもらうと良いです。

薬は副作用があるので、あまりお勧めはできないのですが、それで良くなるなら、多少服用するのもありだと思います。※この辺りは、精神科医に相談して決めてください。

本日のまとめ

子供

子どもだけではなく、大人も同じなのですが、朝起きられない原因の多くはストレスです。それが家庭から来ているなら、愛情バロメータを上げる。

学校から来ているなら、先生と相談して次のステップを踏む。体のトラブルから来ているなら、精神科医に相談する。という3ステップで、改善を行っていきましょう。

明日ですが、「宿題を早く終わらせるメリット」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 親子

    勉強に対して無関心な親を変える方法

  2. 貼る

    壁に紙を貼る記憶法は効果的なのか?

  3. 高校受験

    高校受験の推薦基準って何?

  4. 塾

    塾をやめた瞬間成績が落ちた場合の対処法

  5. 部活

    楽しくない部活動は続けるべきか?

  6. 継続

    良くなってきている時はそれを継続しよう!

  7. スマホ依存

    スマホ依存の解決法レベル2

  8. スマホ

    スマホゲームをするだけで英単語力UP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP