内申点が理不尽だった時の対応法

通知表

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しています。

美術の成績なのですが、1,2,3学期すべて80点以上テストで取っています。三学期は88点でクラスで2番でした。

にも関わらず、評定はずっと3です。先生になぜ3しかもらえないのか確認した方がよいのか悩んでます。

これから受験でいい関係を保っていかないといけないのに悪い印象になって内申書に響くのも怖いので、アドバイスを頂ければと思います。

定期テストの点数が良かったのに、通知表の結果が悪いと、親としては辛いと思います。こういった場合、学校に働きかけたほうが良いのか?

それとも先生から嫌われることを恐れて、我慢したほうが良いのか?私なりのアドバイスをします。

※また内申点の計算方法についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

>>公立中学校の内申点のつけ方

おかしいと思ったらすぐに電話する

電話

理由などは割愛しますが、今回の相談者の子のように、
  • テストで毎回80点以上
  • 授業態度も悪くない
にもかかわらず評定が3というのは、あり得ます。ただこれは、私が元教師だからこそわかることで、一般のお父様お母様ではわからないことだと思います。

そこでもし、「この内申点はおかしいんじゃない?」と思ったら我慢してはダメです。先生に電話して、なぜこの内申点なのか確認してください。

可能であれば一度学校まで足を運び、理由を説明してもらうことが大事です。

ミスしている可能性もある

ミス

なぜこの行動が大事なのかというと、先生は人間だからです。人間というのは「ミスをする生き物」です。

通知表は大事なものです。教科担任だけではなく、学年全員でチェックします。ただそれでもミスは起こります。

よくあるのは入力ミスです。入力ミスが起きている可能性もあるので、必ず先生に確認することが大事になります。

仮に間違っていなかったとしても、なぜ定期テストが80点以上取れているのに、評定が3なのかを聞くことで、次の通知表をもらうまでに対策できます。

先生から嫌われることはない

電話

今回の相談者は、先生から嫌われることを恐れ、行動しようか迷われています。安心してください。なぜこの内申点なのかを聞いたくらいで、先生から嫌われることはありません。

むしろ、「きちんと説明できていなかった」と反省する先生もいます。だから気にせず聞いたほうが良いです。

もし内申点を聞いたことで、先生から嫌われたとしたら、それは聞くときの態度が悪かったということです。

「先生!!!!これは間違っていませんか!!!」と大きな声で怒鳴ったら、誰でも嫌がります。

冷静に、「先生今回はなぜ3なのでしょうか?」と聞けば全く問題ありません。

本日のまとめ

親子

子どもの通知表を確認して、「この評定はおかしい」と思ったら、まずは学校に電話をして理由を聞いて下さい。

冷静に質問すれば、先生から嫌われることはありません。通知表以外のことも同じです。生徒指導や宿題の量などで、何か疑問があれば、すぐに質問したほうが良いです。

なぜなら、親が子供を守るのは義務だからです。

明日ですが、「オール5家庭教師yuki先生とは?」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 高校

    高1で学校を辞めたいという場合

  2. ケアレスミス

    道山流!ケアレスミス対策法

  3. 受験

    1年生で欠席が多いと受験に影響するの?

  4. うつ病

    鬱病になったとき意識すること

  5. 子供の要求

    子どもの要求はどこまで聞くべきか?

  6. 本選び

    読書嫌いの子に本を読ませる方法

  7. 将来の夢

    子どもに必要な力を見極める方法

  8. 進路選択

    高校受験の進路選択が失敗する一番の理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP