中学生向け!親と仲良くなる方法

親子関係

 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。

私はアスペルガー症候群です。
だから親と小さなことで衝突して
親子関係が悪くなるのはしょっちゅうです。

それで先日、親に
『もう辛い、
私(母)がいなくなれば
言う事を聞くように
なるのかな?』とか
『産まなきゃよかった』と
言われました。

また併願の受験料なども貴女の
為に出したくない。と言って
公立1本で受けることになる等、
自分が生まれ持った障害のせいで
今このような親子関係です。

道山先生は親子関係を上手に
築いていくのが大切だと
言いますが、私に良い関係を
築くことは出来るのでしょうか?
もうどうしたらいいのかわかりません。

 

私の元には、中学生本人から、
こういった相談がたくさん来るのですが、
これを読んで、お父様お母様たちは
どのように感じますでしょうか?

 

今日は親子関係が悪い場合の、
中学生向けの話
したいと思います。

人間を変えることはできない

変わりたい
まず上記の相談を読んでいると、
  • 悪いのは母親だ!
  • 母親が変われば解決する!
と思うかもしれません。

 

ただ人間と言うのは、
すぐに変われるものではありません。
だから人を変えようと思うと
苦しくなってしまうだけです。

 

私の元には、
自分が変化することができず、
子どもを傷つけてしまって悩んでいる
お母様たちからもたくさん相談が来ます。

 

自分が変わりたい思っていても、
変わることができないのです。
だからまずは親を変えようとは、
思わないようにしてください。

 

時間と距離が変化をもたらす

一人暮らし
じゃあ一生酷い親子関係なのか?
というとそんなことはありません。
実は時間と距離を上手に使うと
親子関係を改善することができます。

 

例えばあなたが今中学生だとして、
高校生か大学生か
社会人になるタイミングで、
親元を離れるようにしましょう。

 
  • 寮のある学校に行く
  • 1人暮らしをする
このどちらかをすることで、
親元から離れることができます。

 

人間と言うのは、ずっと一緒にいると、
どうしても悪い部分ばかりに、
目が行くようになってしまいます。
これが親子でもめる原因です。

 

何かのタイミングで、
親元から離れることによって、
この悪い部分が見えなくなります。

 

すると不思議なことに、
過去の良い思い出だけが
蘇るようになります。

 

その結果、
「酷いことを言ってしまったな」
という反省の気持ちが出てきます。

 

子どもが施設に入るのも同じ仕組み

人生計画
これは荒れている子どもを
施設に入れるのも同じ仕組みです。
人間と言うのは近くにいすぎると、
どうしても悪い部分に目が行きます。

 

その状態でどれだけ
関係を良くしようと思っても、
絶対に関係は良くなりません。

 

こういった場合の唯一の解決策が
一度距離を置くということです。

 

もし今あなたのお父さんやお母さんが、
あなたに対して酷い言葉や接し方を
してきているとして、

 

もうそれが限界!だと思ったら
まずは学校の先生や
カウンセリングの先生に
相談をしてください。

 

その後、どこかのタイミングで、
一度親から離れて生活できるように、
人生計画を立ててみてください。

 

そのために必死になって
勉強を頑張りましょう。

 

きっとあなたが大人になるころには、
あなた自身もあなたのお父さんお母さんも

 

今より精神的
成長していると思うので、
良い親子関係が創れると思います。

 

お父さんお母さん方へ


最後になりますが、
現在の日本には上記のような

 

親の接し方が間違っている
ことが原因
で、
悩んでいる子どもたちがたくさんいます。

 

もしあなたのお子さんの友達に
こういった子どもたちがいたら、
是非話を聞いてあげるなどで
力になってあげてください。

 

あまり他人の親が深入りすると、
揉めることがありますので、
具体的な対処については、学校や
児童相談所などに委託すると良いです。

 

私たちが力を合わせて、
子どもたちにとって
素敵な社会

みんなで創っていきましょう!

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 会話する親子

    親子関係を壊す3つの習慣

  2. 検査

    検査でも異常なし!なのに体に異常がある原因

  3. カンニング

    子どもがテストでカンニングをしたら?

  4. 親が読む本

    保護者が絶対に読むべき書籍ベスト5

  5. 過干渉

    過干渉の親が持っているたった1つの思考

  6. 塾

    塾をやめた瞬間成績が落ちた場合の対処法

  7. 部活

    志望校は校風と部活のどちらで選ぶべき?

  8. お金

    子どもがお金を盗む問題の対応策

コメント

    • 藤原里絵子
    • 2017年 4月 09日

    涙が出る。心が苦しくなる。思い出す。いたたまれない。
    子供達…そうか。苦しい。
    次女の子育ても今迄本当に苦しかった。娘自身もそうだったかもしれない。
    今も言葉を選ぶ。最低限が出来ない彼女。最低期限に間に合わない彼女。今日はさすがに、クリーニングを取りに行くよね…それとも手助けが必要なのかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP